スポンサーリンク

【解説】Googleのサービス障害は”Google Workspace ステータスダッシュボード”で確認しよう

Google

突然Gmailが送受信できなくなったり、Google Keepが使えなくなったり…

そんなときは、Google Workspace ステータス ダッシュボードで障害の発生状況を確認してみましょう。

Google Workspace ステータス ダッシュボードとは?

Google Workspace Status Dashboard
Google Workspace Status Dashboard enables users and businesses to monitor the status of individual Google Workspace services. Users of Google Workspace can now ...

このサイトは、Googleが提供しているサービスの障害状況など、パフォーマンス情報を確認できるWEBページです。
一般ユーザー向けサービスと企業向けサービス、両者ともに情報を確認することができます。

現在のパフォーマンス情報だけでなく、過去の情報(障害発生履歴や復旧日時など)も確認することができます。

ダッシュボードの見方

ダッシュボードでは、

  • 左側 … 現在のステータス(障害などの発生状況)
  • 右側 … 過去のステータス(発生日時や復旧日時の詳細)

が以下のように表示されます。

過去のステータスは、選択することで以下のように詳細を確認できます。
実際に見てみると分かりますが、Googleのサービス障害って想像以上に頻繁に発生しているんです。

過去のステータス詳細の例

YoutubeやGoogle Playなどのサービスは上記サイトで確認することはできませんが、他のサービスで障害が多重的に発生している場合、Youtubeなどでも障害が発生している場合があります。

以下のような可愛らしい表示をYoutubeで見かけたことはないでしょうか?

Youtubeで障害が発生している場合、サルの修理工が表示されます。

その他サービスのパフォーマンス情報を確認するには?

各国のサービスのパフォーマンス情報をまとめている、非常に便利なサイトを2つ紹介しましょう。

障害の概況
Internet Outages Map
ThousandEyes monitors network infrastructure, troubleshoots application delivery and maps Internet performance, all from a SaaS-based platform.

これらは無料でパフォーマンス情報を確認できます。

特にDowndetectorでは、Googleサービス以外にも、TwitterやAmazon、NTT、SoftBank、Zoom、LINEなど、日本向けの様々なサービスのパフォーマンス情報を確認できます。

Downdetector TOPページ

障害発生時は、発生日時や対象エリアなどがサイト上で表示、共有されます。
サービス利用者によるコメント投稿が活発に行われており、障害発生時は瞬時に状況が把握でき、障害発生エリアも確認できます。

Youtube障害の詳細:https://downdetector.jp/shougai/youtube/
引用:©OpenStreetMap

以上、知らなくてもいいけど、知っておいて損はしないサービスの紹介でした。
Gmailがキューに追加されたまま全然送信されない、なんて時に確認するといいかもしれませんね。

コメント