Xperiaの歴史 – 2016年

2016年

「ソニーのスマホは赤字事業。」

2015年度までの2年間、ソニーのスマホ事業は大幅な赤字を計上。
連結で2,300億円もの赤字を記録した時期もあります。

低迷続くスマホ事業、このままでは撤退か…そう思われた2016年度、一転し黒字化を成し遂げ、通年で102億円の営業利益を計上しました。

ソニー本格回復のカギを握るスマホの行方。
2016年度のXperiaはこれまでと何が違うのでしょう?

Xperia E5

OS Android 6.0
SoC (CPU) Mediatek MT6735 1.3 GHz Quad-Core 64bit
メモリ 1.5 GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 16 GB
サイズ 144 x 69 x 8.2 mm
重量 147 g

2016年最初のXperia。それは2016年5月に海外で発売された、エントリーモデル Xperia E5 です。
海外でのみ発売。

2016年に入りすぐ、MWC 2016でXperia Xシリーズが発表されていましたが、そんな中で唯一Xシリーズ以外の機種です。

LTE対応、HDディスプレイに13MPフロントカメラとなかなかですが、防水防塵未対応、メモリ1.5GBが気になります。
サブ端末としてや、ガラケーとの2台持ちには丁度よさそうな機種ですが、メイン端末として普段使いするには厳しいスペックと言わざるを得ないでしょう。

尤も、多少のモッサリ感が我慢できゲームをしない方であれば、何ら問題ないと思われます。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ32,000。
Z5シリーズの半分程度の処理能力ですが、エントリーモデルにしては健闘しているのではないでしょうか。

>> Xperia E5 – Sony Xperia (UK)

Xperia X Performance

xperiaxperformanceblack

OS Android 6.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 820 2.15GHz / 1.6 GHz Quad-core 64bit (MSM8996)
メモリ 3 GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1080 x 1920 ピクセル
ストレージ 32 / 64 GB
サイズ 143.7 × 70.5 × 8.6 mm
重量 164.4 g

2016年6月、「Z」シリーズに次ぐ新しいXperiaシリーズ「X」が日本で発売されました。
Xperia X Performanceはその最初のハイエンドモデルになります。日本では3キャリア全てから発売。

これまでのZシリーズの特徴であった背面ガラスパネルが無くなっており、代わりにヘアライン加工された金属製素材を採用しています。
ハイエンドモデルということもあり防水防塵や指紋認証などの機能は備えていますが、Z5では可能だった4K撮影が非対応になりました。

高速オートフォーカスや2.5Dガラスパネル液晶なども備え、これまでのZシリーズとは大きく印象の異なる端末に仕上がっています。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ130,000。Z5シリーズよりも2倍近く高いスコアを示していますが、Antutuのバージョンがv6に更新されたため従来よりも高いスコアが出やすくなっています。
ちなみにZ5シリーズのAntutu v6におけるベンチスコアは約78,000ほど。Z5シリーズより処理能力は確実に向上しています。恐るべしSnapdragon 820…

>> Xperia X Performance (SO-04H) ? ソニーモバイルコミュニケーションズ

エクスパンシス




Xperia X

xperiaxyellow

OS Android 6.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 650 1.8GHz / 1.4 GHz Hexa-Core 64bit (MSM8956)
メモリ 3 GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1080 x 1920 ピクセル
ストレージ 32 / 64 GB
サイズ 143 × 69 × 7.7 mm
重量 152 g

2016年6月、「Z」シリーズに次ぐ新しいXperiaシリーズ「X」が発売されました。
Xperia Xはそのメインモデルになります。残念ながら日本での発売はありません。なお、海外では日本のX Performanceの発売より早い2016年5月に発売されました。

これまでのZシリーズの特徴であった背面ガラスパネルが無くなっており、雰囲気の全く違う仕上がりとなっています。
また最上位モデルであるX Performanceと違って防水防塵性能が無かったり、背面がヘアライン加工の無いシンプルな作りになっていることが特徴です。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ73,000。一見するとZ5シリーズよりも高いスコアを示していますが、Antutuのバージョンがv6に更新されたため従来よりも高いスコアが出やすくなっています。
ちなみにZ5シリーズのAntutu v6におけるベンチスコアは約78,000ほど。Z5シリーズより処理能力は低いようです。

>> Xperia X – Sony Xperia (UK)

Xperia XA

xperiaxaphoto

OS Android 6.0
SoC (CPU) MediaTek Helio P10 2.0GHz / 1.0 GHz Octa-core 64bit (MT6755)
メモリ 2 GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 16 GB
サイズ 143.6 × 66.8 × 7.9 mm
重量 137.4 g

Xシリーズのミッド-エントリーモデル、Xperia XA
日本では発売されませんでしたが、海外では2016年6月に発売。

XやX Performanceと比べると、解像度が低かったり指紋認証に対応していなかったり…スペックダウンが見受けられます。

しかしながらXperia XAは狭額縁ディスプレイを搭載。見た目ではX Performanceよりもこちらの方がいいという方が多いのではないでしょうか。

xperiaxaphoto2

価格は35,000 ~ 40,000 円ほど。見た目はいいもののコスパはあまりよろしくないです。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ47,000。
Z5シリーズのAntutu v6におけるベンチスコアは約78,000ほどですので、Z5シリーズより処理能力は低いようです。

>> Xperia XA – Sony Xperia (UK)

Xperia XA Ultra

xperiaxaultra

OS Android 6.0
SoC (CPU) MediaTek Helio P10 2.0GHz / 1.0 GHz Octa-core 64bit (MT6755)
メモリ 3 GB
ディスプレイ 6.0 インチ 1080 x 1920 ピクセル
ストレージ 16 GB
サイズ 164 × 79 × 8.4 mm
重量 202 g

Xperia Xシリーズのファブレットモデル、Xperia XA Ultraが2016年7月に海外で発売されました。
名前からわかるように、基本的なスペックはXperia XAを踏襲しています。

しかしXAと比べると、解像度がFull HDであったりメモリが3 GBであったりするなど、スペックアップが見受けられます。

ディスプレイはXperia XAと同様狭額縁ディスプレイを搭載。6インチながら横幅は79mmに抑えられており、5.5インチのiPhone 6s Plusより1mm大きいだけです。前身であるXperia C5 UltraからはCPUやメモリ、カメラなどが進化しています。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ49,000。
Z5シリーズの2/3程度と考えれば、上出来といえるでしょう。

>> Xperia XA Ultra – Sony Xperia (UK)

Xperia X Compact

xperia-x-compact

OS Android 6.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 650 1.8GHz / 1.4 GHz Hexa-Core 64bit (MSM8956)
メモリ 3 GB
ディスプレイ 4.6 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 32 GB
サイズ 129 × 65 × 9.5 mm
重量 135 g

Xシリーズのコンパクトモデル、Xperia X Compact が2016年9月、海外で発売されました。
日本では2016年10月に発売。

かねてより待ち望まれていたUSB Type-Cポートを搭載しており、充電ケーブルの表裏を気にすることなく充電可能です。

メモリ3GB、ストレージ32GBと大容量ですが、海外モデルは防水に対応していません。
なお、国内モデル海外モデルと異なり防水防塵・ワンセグ・FeliCaに対応します。

価格は50,000 円ほど。妥当な価格といえるでしょう。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ78,000。
同じCPUを搭載しているXperia Xのスコアも78,000程度ですので、大きな進化は見られません。

>> Xperia X Compact – Sony Xperia (UK)

Xperia XZ

xperiaxz

OS Android 6.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 820 2.15GHz / 1.6 GHz Quad-Core 64bit (MSM8996)
メモリ 3 GB
ディスプレイ 5.2 インチ 1920 x 1080 ピクセル
ストレージ 32 GB
サイズ 146 × 72 × 8.1 mm
重量 161 g

2016年10月に海外で発売、Xシリーズのフラッグシップモデル Xperia XZ です。
日本では海外から1か月遅れて発売。

X Performanceと同様にSnapdragon 820を搭載。
ハード面での進化はほぼありませんが、ソフト面での進化が数多くあります。

キャッシュを自動でクリアにする「スマートクリーナー」やバッテリーの充電速度をコントロールする「バッテリーケア」、5軸手ぶれ補正機能を持つ新しいカメラなど、これまでにない機能が数多く登場です。

その他、X Compactと同様USB Type-Cを搭載しています。そのせいか従来機種よりも厚みが若干UP。
また、X Compactにはない防水機能を搭載しています。

Antutuベンチ(64bit)のスコアはおよそ135,000。
Xperia Xとの差は非常に顕著に表れています。

>> Xperia XZ – Sony Xperia (UK)