Xperiaの歴史 – 2013年

2013年

赤字続きのスマホ事業、2013年も赤字です。
約750億円の赤字を叩き出し、もはやスマホ事業は風前の灯火に。(毎年風前の灯火な気もしますが…)

経営はさておき、スマホの性能は順調に向上していきます。

2012年はSnapdragon S4 Plusが登場してスペックが大幅に向上しましたが、2013年ではSnapdragon800シリーズが登場。さらにスペックが大幅に向上します。

ついにAntutuベンチのスコアは3万を突破、最新機種にも本格的に近づいてきます。

また、Xperiaシリーズの革命児”Z”シリーズも登場です。
使っていた方は多いのではないでしょうか?

ちなみに2013年といえば、ドラマ「半沢直樹」の放送やiPhone 5sの発売、コミケ会場にまさかの「雲」ができるなど、明るい話題が多くありました。

例の雲↓
コミケ84会場内の雲

コミケ84の会場、東京ビッグサイトの天井にできた雲については コミケ雲 (ニコニコ大百科) を参照、iPhone 5sについては iPhone 5s (Wikipedia) をご覧ください。

ゲーム好きであれば、この頃モンストを始めた方もいるのではないでしょうか?
※モンスターストライク リリース日

  • 2013年9月27日(iOS版)
  • 2013年12月15日(Android版)

それでは2013年のXperiaを見ていきましょう。

Xperia Z

xperiaz

ついに”Z”シリーズの登場です。

2013年2月、あらゆる面が進化したSonyのフラッグシップ機、Xperia Z がドコモから発売されました。
海外でも同月に発売されています。

これまでのXperiaから”すべての機能”が進化したといっても過言ではない機種です。

CPUですが、これまで搭載されてきたSnapdragon S4 Plus Dual-core 1.5GHzから進化し、Snapdragon S4 Pro Quad-core 1.5GHzを搭載しています。
S4 PlusからS4 Proに進化し、コア数が2コアから4コアへと2倍に増加しました。

メモリはこれまでの機種の2倍の2GBを搭載。
ついに2GB時代へ到達です。

ストレージは海外モデル・日本向けモデルともに16GB。

ディスプレイはこれまでで最大の5.0インチに。
解像度も1080×1920ピクセルに進化し、Full HDを搭載するようになりました。

搭載OSはXperia史上初のAndroid 4.1。
国内版ではAndroid 4.4をもってアップデートが終了しましたが、海外版ではAndroid 5.1までアップデートされました。
Xperia acro HDと同様に息の長い機種です。

唯一の欠点はカメラのシャッターボタンが無いことですね。

ちなみに国内版・海外版ともに防水防塵機能を搭載しています。

国内版ではその他、ワンセグ・赤外線・おサイフケータイ(FeliCa + NFC)機能が搭載されました。

国内・海外を問わず非常に売れた機種で、数多くの派生モデルが登場するなど、後のXperiaシリーズの基盤となった機種です。
特徴的な背面のガラスパネル、そして美しいオムニバランスデザインは、翌年以降に続くZシリーズでも踏襲されています。

気になるAntutuベンチのスコアは約21,000。
Snapdragon S4 Plus (2コア)からSnapdragon S4 Pro (4コア)になることで、スコアがなんと2倍に増加しました。

Xperia Zの詳細はSONYの公式ホームページでどうぞ。
詳細なスペックは公式のWhite paperを確認しています。
>> Xperia Z (SO-02E) – ソニーモバイルコミュニケーションズ
>> Xperia Z – White paper | Sony

Xperia E / E dual

xperiae

2013年3月、ローエンド・エントリーモデルとして Xperia E / E dual が海外で発売されました。
EとE dualの違いはデュアルSIM対応の可否のみ。

長きに続くXperia Eシリーズの初代モデルです。

スペックはエントリーモデルらしく低め。
CPUにSnapdragon S1 Single-core 1.0GHzを搭載、メモリ512MB、ストレージ4GB、3.5インチ 320×480ピクセルのディスプレイを搭載しています。

OSはXperia Zよりも古いAndroid 4.0。
Android 4.1までアップデートされました。

なおXperia Zのようなガラスパネルや、オムニバランスデザインは採用されていません。
エントリーモデルには無用の長物だと判断されたのでしょうか。

Antutuベンチのスコアはおよそ5,400 (Antutu v3.X)。
Xperia Jからは進化しているようです。

>> Xperia E / E dual – Sony Xperia (UK)

Xperia ZL

xperiazl

2013年3月、海外でXperia Zのマイナーチェンジモデルである Xperia ZL が発売されました。
Zの派生モデルが早速登場です。

基本的なスペックはXperia Zとほとんど変わらず、CPUはSnapdragon S4 Pro、メモリ2GB、ストレージ16GB、5.0インチFull HDディスプレイ搭載。

しかしXperia Zに搭載されていた防水・防塵機能は無くなり、赤外線・ワンセグなどのガラパゴス機能が削除されています。

また外観も大きく変わり、全体が小さくなって背面が樹脂に。
Zにはなかったシャッターボタンも復活しました。

余計な機能を削除して使いやすくした機種、といった印象です。

Antutuベンチのスコアは21,000ほど。
Xperia Zの兄弟機あってスコアも横並び。

>> Xperia ZL – Sony Xperia (UK)

Xperia SP

xperiasp

ミドル-ハイクラスモデルの新しいXperiaである Xperia SP が2013年4月、海外で発売されました。

上記のXperia Z / ZLから一段スペックが落ちていますが、従来のミッドレンジと比べるとかなり高いスペックとなっています。

CPUはSnapdragon S4 Pro (MSM8960T) Dual-core 1.7GHzを搭載、メモリ1GB、ストレージ8GB、4.6インチ HDディスプレイを搭載しています。

OSはAndroid 4.1を搭載しLTEにも対応、シャッターボタンも搭載されています。

Antutuベンチ(Ver 3.X)のスコアはおよそ16,000。
ミッドレンジとしては十分すぎるスコアです。

ちなみにこのころAntutuベンチアプリがVer 4.Xへ更新され、さらにスコアが高くなりやすい状態に。
Antutuベンチ(Ver 4.X)ではスコアは16,000から23,000に上昇しています。

>> Xperia SP – Sony Xperia (UK)
>> Xperia SP – White paper | Sony

Xperia L

xperial※写真左:Xperia SP 写真右:Xperia L

2013年5月、ミッドレンジモデルの Xperia L が海外で発売されました。

こちらはLTEに非対応で、Xperia SPから若干スペックが落とされています。

CPUはSnapdragon 400 (MSM8230) Dual-core 1.0GHzを搭載。
ついに第5世代Snapdragonの登場です。

メモリは1GB、ストレージ8GB、4.3インチ 480×854ピクセルのディスプレイを搭載しています。

Antutuベンチ(Ver 3.X)のスコアは9,200ほど。
ちなみにVer 4.Xでのスコアは13,000程度です。

>> Xperia L – Sony Xperia (UK)

Xperia A / feat.HATSUNE MIKU (Xperia ZR)

xperiaa

2013年5月、ドコモからXperia Zの廉価版モデル、Xperia A (SO-04E)が発売されました。
海外では Xperia ZR という名前で発売されています。

また、2015年9月にはボーカロイド「初音ミク」とのコラボモデルである Xperia feat.HATSUNE MIKU (Xperia feat.HATSUNE MIKU SO-04E) が発売されました。

xperiafeat-hatsunemiku

Zの廉価版ということで一部スペックが落ちていますが、逆に向上した点もあります。

また「ドコモのツートップ」として格安で販売されたこともあり、非常に多くの台数が販売されました。
(初音ミクとのコラボモデルは39,000台限定で発売)

スペックですが、CPUはXperia Zと同様のSnapdragon S4 Pro Quad-core 1.5GHz、メモリも同様の2GB、ストレージは海外版のXperia ZRが16GB、国内版の2機種はXperia Zから進化し32GB搭載しています。

ディスプレイは若干スペックダウンし、4.6インチ HD液晶を搭載しています。

国内版・海外版ともにLTEと防水防塵に対応し、さらに国内版はワンセグ・赤外線・おサイフケータイ(FeliCa + NFC)に対応しています。

廉価版と言いつつXperia Zからほとんどスペックが変わっていませんが、本体背面はガラスパネルのオムニバランスデザインではなく、ラウンド形状の持ちやすいデザインに変更されています。

搭載OSはXperia ZR / Xperia AがAndroid 4.1を搭載、Xperia feat.HATSUNE MIKUがAndroid 4.2を搭載しています。
Xperia AはAndroid 4.2へ、Xperia ZRはAndroid 5.1へアップデートされました。

Antutuベンチ(v4.X)のスコアは21,000ほど。
Xperia Z / ZLと横並びです。

>> Xperia A (SO-04E) – ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia UL

xperiaul

2013年5月、Xperiaで初めてのau専用モデル、Xperia UL (SOL22) が発売されました。

基本的なスペックはXperia Zを踏襲しており、Xperia Zのau向けモデルといったところ。

CPUはSnapdragon S4 Pro Quad-core 1.5GHz、メモリ2GB、ストレージ16GB、5.0インチ Full HDディスプレイを搭載しています。
Xperia Zそのまんまですね。

しかし本体の外見はXperia Aとかなり似ています。
大きさやサイドのデザインは違うものの、ボタン配置や背面デザインはXperia Aとほとんど同じ。

開発者インタビューではデザインについてKDDIと綿密に調整したそう。
一体何を話したのか気になります。

一応Xperia Z / Aとは別機種として紹介しましたが、同機種として紹介しても問題なさそうな雰囲気です。

Antutuベンチ(v4.X)のスコアは20,000ほど。
若干ですがXperia Z / Aから落ちています。

>> Xperia UL (SOL22) – ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia C

xperiac

デュアルSIM対応でローエンド・ミッドレンジモデルのスマートフォン、Xperia C が2013年7月に海外で発売されました。
珍しくLTEには非対応です。

Xperia Cシリーズの初代機ですね。

スペックですが、CPUにMediaTek MT6589 Quad-core 1.2GHzを搭載、メモリ1GB、ストレージ4GB、5.0インチ 540×960ピクセル qHDディスプレイを搭載しています。

搭載OSはAndroid 4.1、後に4.2にアップデートされました。

Antutuベンチ(v4.X)のスコアは約14,000。
同年3月発売のXperia Lと同じくらいです。

>> Xperia C – Sony Xperia (UK)

Xperia M / M dual

xperiam

Xperia Cに続くミッドレンジモデル、Xperia M / M dual が2013年8月に海外で発売されました。

Xperia Mは初めてソニー製スマートフォンを購入する購買層を狙って開発された機種で、ハイエンド機種と同様のオムニバランスデザインを採用しているのが特徴です。

ただしハイエンドなのは外見だけで、中身はあまり良くありません。

スペックはCPUがSnapdragon S4 Plus Dual-core 1.0GHz、メモリ1GB、ストレージ4GB、4.0インチ 480×854ピクセルのディスプレイを搭載しています。
スペックはXperia Cよりも下です。

またXperia Cと同様LTEには対応していません。

OSはAndroid 4.1ですが、Xperia Cよりも上のAndroid 4.3までアップデートされました。

Antutuベンチ(v4.X)のスコアは12,000ほど。
やはりXperia Cよりもスコアが低くなっています。

>> Xperia M – Sony Xperia (UK)

Xperia Z1

xperiaz1

2013年10月、待望のSnapdragon 800を搭載したフラッグシップモデル、Xperia Z1 (SO-01F / SOL23) がドコモ・auから発売されました。
海外では日本よりも少し前の9月に発売されています。

Xperia Honamiとして大々的に発表されたのを覚えている方も多いと思います。

特徴的なのは何といってもカメラ性能。

Xperia Zの後継機種で、当時のスマートフォンではトップクラスとなる2070万画素のカメラを搭載。
ソニーが開発したF2.0の薄型非球面レンズ「Gレンズ」や、同社デジタルカメラに搭載されている画像処理エンジン「BIONZ」を最適化した「BIONZ for mobile」を搭載することで、コンパクトデジタルカメラ同等の高画質な写真を楽しむことができます。

進化したのはカメラだけでなく、基本的なスペックも大幅に強化。

CPUには日本向けXperiaで初めてのSnapdragon 800 Quad-core 2.2GHzを搭載。
大幅なスペック向上でユーザビリティが向上しています。

メモリは2GBとXperia Zから変わりませんが、ストレージは国内版が32GBと2倍にアップ。
海外モデルは16GBで据え置きのままなので、国内版限定の特別仕様です。

その他国内版限定仕様として恒例の、赤外線・おサイフケータイ(FeliCa+NFC)・フルセグに対応(C6943のみワンセグに対応)。

防水・防塵機能も搭載しており、Xperia Zにはなかったシャッターボタンが追加されるなど、まさにXperia Zの正統進化モデルとなっています。
オムニバランスデザインも継承しています。

OSはAndroid 4.2を最初から搭載し、海外モデルではAndroid 5.1までアップデート。
残念ながら国内モデルはAndroid 4.4でアップデートが終了しています。

気になるAntutuベンチ(v4.X)のスコアはなんと31,000。
従来のXperia Z / ULから10,000以上もスコアがアップし、Snapdragon 800の凄さを見せつけています。

詳細はソニー公式サイトをご覧ください。
>> Xperia Z1 (SO-01F) – ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia Z1 f / Z1 Compact / Z1 Colorful Edition

xperiaz1f

2013年12月、Xperia Z1のコンパクトモデル Xperia Z1 f (SO-02F) がドコモより発売されました。
海外では Xperia Z1 Compact という名前で2014年1月に発売。

なお中国では Xperia Z1 Colorful Edition という名で発売されました。

基本的なスペックはXperia Z1から据え置かれ、CPUはSnapdragon 800 Quad-core 2.2GHz、メモリ2GBを搭載しています。

小型化の影響かディスプレイは4.3インチ HD液晶に変更され、ストレージが16GBに減少しています。
ストレージは32GB据え置きでもよかった気がしますが、海外版が16GBなので合わせられたのかもしれませんね。

また小型化の犠牲として、Xperia Z1に搭載されていた赤外線・おサイフケータイ(FeliCa)・フルセグには対応していません。
NFC・防水・防塵機能には対応しています。

OSはZ1 fがAndroid 4.2を搭載、Z1 CompactがAndroid 4.3を搭載し、Z1 fはAndroid 4.4へ、Z1 CompactはAndroid 5.1へアップデートされました。

Antutuベンチ(v4.X)のスコアは35,000ほど。
解像度が低い分CPUに余力が生まれ、Xperia Z1からスコアが向上しています。

>> Xperia Z1 f (SO-02F) – ソニーモバイルコミュニケーションズ