スポンサーリンク

Xperiaの歴史 – 2020年

2020年

2020年はまだXperiaは発売されていません。
随時更新予定です。

Xperia L4

OS Android 9.0
SoC (CPU) Mediatek MT6762 Helio P22 2.0GHz Octa-Core 64bit
メモリ 3 GB
ディスプレイ 6.2 インチ 1680 x 720 ピクセル
ストレージ 64 GB
サイズ 159 × 71 × 8.7 mm
重量 178 g

「See the bigger picture」

先代L3の後継機種として発表されたXperia L4です。
日本での発売予定は未定。

発売され次第解説記事をアップ予定です。

発売日2020年
発売価格 約-,—円
Antutuベンチスコア(v8)-,—
公式サイトXperia L4 – Sony Mobile (English)

▲TOP Xperiaの歴史 – TOP 発売年表 Antutuスコア比較 画面サイズ比較

Xperia 1 II

Xperia 1 II

 

OS Android 10
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 865 2.8GHz / 2.4GHz / 1.8 GHz Octa-Core 64bit (SM8250)
メモリ 8 GB
ディスプレイ 6.5 インチ 3840 x 1644 ピクセル
ストレージ 128 GB
サイズ 166 × 72 × 7.9 mm
重量 181 g

「Built for speed」

Xperia 1の後継機種として発表されたXperia 1 II。
読み方は”エクスペリア・ワン・マークツー”で、これは同社の一眼カメラ「α」シリーズに倣ったものと思われます。

Xperia史上初の5G対応モデルとして、日本を含む世界各国で発売予定。

Qualcomm社の最新CPU Snapdragon 865の採用や、過去最大の8GB RAMの搭載、そしてこれまた過去最大の4000mAhバッテリーを搭載するなど、Xperia 1に引き続き今までで最高のスペックをぶら下げて登場。

そして、先代Xperia 1で方向転換した

「好きを極めた人に寄り添うモデルを作る」

というコンセプトはXperia 1 IIでも引き継がれています。

特に力が入っているのはカメラ性能。
同社のコンデジに採用されているZEISSレンズの採用や、世界初の20コマ/秒のAF/AE追従連射機能に対応した仕様に。

ZEISSレンズは同社コンデジのRX100シリーズにも採用されている

しかし、ここでぜひ注目してもらいたいのは”Photography Pro”というソフトウェア。
これはなんなのかというと、写真撮影時に使うカメラアプリ。

Photography Proアプリ

簡単に説明すると、撮影時の細かい設定を手動で微調整しながら撮影できるアプリ。要は、AFやシャッタースピード、レンズ切り替え等の設定を自由に設定できるということ。
標準のカメラアプリとは別に提供されます。

ただ、注目して欲しいのはそこじゃないんです。

このアプリ、スマホらしい”鮮やかな写真”が撮れないんです。

言い方を変えると、見栄えが良い“補正された写真”が撮れず、素材そのままの“加工されていない写真”しか撮れない

誤解の無いよう説明しますが、別途標準カメラアプリやポートレート機能等で写真の補正機能はサポートされます。

トリルミナスディスプレイの補正の例。左は通常の色域だが、右はコントラストを補正している。

正直に言うと、一般ユーザーをバッサリ切り捨てた機能。
多くの方は、上の写真の右側のような”装飾的な写真”を好むと思います。

でも一方、一部のコアユーザーには突き刺さる機能なんです。
特に、一眼レフを持ち歩いて写真を撮りまくるようなユーザーにとっては歓喜の機能。

要は、手動設定で自分好みの(ありのままの)写真を撮りたいユーザーをターゲットにしている。
一方で、オート機能を活かして手軽に見栄えが良い写真を撮りたい一般ユーザーにとっては、ただただ面倒くさい機能でしかない。

個人的には、決して一般受けはしないと思います。
でも、ソニーはあえてこの”Photography Pro”を搭載した。

なぜならこれが”Xperiaらしさ”であり、ソニーが想う企業使命であり、そしてスマートフォンのあるべき姿だと考えているから。

一般受けするような機能だけでなく、

「好きを極めたい人々に、想像を超えたエクスペリエンスを」

提供できるよう、徹底的に突き抜ける覚悟で開発されたXperia 1 II。

経験を意味する”experience”と、場所を意味するラテン語の”-ia”を合わせ、「様々な体験を生み出す場所」という意味が込められたブランドネーム。

ビジョン・ブランド | 会社情報 | Xperia(エクスペリア)公式サイト
ソニーモバイルは、ソニーのモバイル事業の中核を担うXperia(エクスペリア)スマートフォンに加え、Xperiaスマートプロダクト、アクセサリー、アプリケーションを通じてエキサイティングなユーザー体験をお届けします。

Xperia 1 IIという機種は、私たちの”好き”に寄り添うべく開発された、

今までで一番「Xperiaらしい」スマートフォンかもしれません。

発売日2020年5月
発売価格 123,000円
Antutuベンチスコア(v8)565,000
公式サイトXperia 1 II – ソニーモバイルコミュニケーションズ

▲TOP Xperiaの歴史 – TOP 発売年表 Antutuスコア比較 画面サイズ比較

Xperia 10 II

OS Android 10
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 665 2.0GHz / 1.8 GHz Octa-Core 64bit (SDM665)
メモリ 4 GB
ディスプレイ 6.0 インチ 2520 x 1080 ピクセル
ストレージ 128 GB
サイズ 157 × 69 × 8.2 mm
重量 151 g

「Exceed your smartphone expectations」

グローバルモデルであるXperia 10の後継機種、Xperia 10 IIです。
日本ではXperia 8の後継に該当します。

Xperia 10は日本では発売されなかったものの、なぜか後継機種であるXperia 10 IIは日本でも発売されるようです。

2020年5月下旬以降、順次発売予定です。

発売され次第解説記事をアップ予定です。

発売日2020年
発売価格 約-,—円
Antutuベンチスコア(v8)-,—
公式サイトXperia 10 II – Sony Mobile (English)

▲TOP Xperiaの歴史 – TOP 発売年表 Antutuスコア比較 画面サイズ比較

Xperia Pro

OS Android 10
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 865 2.8GHz / 2.4GHz / 1.8 GHz Octa-Core 64bit (SM8250)
メモリ 8 GB
ディスプレイ 6.5 インチ 3840 x 1644 ピクセル
ストレージ 512 GB
サイズ — × — × -.- mm
重量 — g

「Xperia PRO -Fast 5G mmWave transmission | HDMI direct camera connectivity」

Xperia 1 IIをベースとした業務用端末、Xperia Proです。

通信安定性確保のため本体が樹脂製であったり、ワイヤレス充電を搭載していないなど、業務用として機能を割り切ったモデルです。
カラーバリエーションは黒のみを予定。

特徴として、本モデルはXperia 1 IIが対応していない5Gミリ波(28GHz帯)にも対応しており、従来機種を圧倒する大容量通信が可能と言われています。

その他、ディスプレイやカメラといったスペックはXperia 1 IIと共通ですが、Xperia ProではHDMI有線接続に対応しています。
業務用カメラ等の外部モニタとして利用できる予定とのこと。

一般ユーザーには縁の遠い機種になるかと思われます…

発売され次第解説記事をアップ予定です。

発売日2020年
発売価格 約-,—円
Antutuベンチスコア(v8)-,—
公式サイトXperia Pro – Sony Mobile (English)

▲TOP Xperiaの歴史 – TOP 発売年表 Antutuスコア比較 画面サイズ比較