Xperiaの歴史 – 2017年

2017年

また赤字。

2016年度で黒字転換したスマホ事業も、そう長く好調は続きませんでした。
2017年度に再び赤字へ突入します。

驚くべきことに、過去10年間のSONYのスマホ事業で黒字を記録したのはたったの2回だけです。
※下図:SONY スマホ事業の営業損益推移

一体何が悪かったのでしょうか?
気になる2017年度のXperiaを見ていきます。

Xperia XA1

OS Android 7.0
SoC (CPU) Mediatek Helio P20 2.3GHz / 1.6 GHz Octa-Core 64bit (MT6757)
メモリ 3 GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 32 GB
サイズ 145 × 67 × 8.0 mm
重量 143 g

XA後継、XA1。

Xperia XAの発売から10か月、後継機 Xperia XA1 が2017年4月に発売されました。
XAからCPU、メモリ等が進化しています。

下記はXperia XAとXA1の比較表です。
たった10か月でここまで変わると、買ったばかりのXAでも買い替えたくなってしまいます。

比較項目 Xperia XA Xperia XA1
OS Android 6.0 Android 7.0
SoC (CPU) MediaTek Helio P10 2.0GHz / 1.0 GHz Octa-core 64bit (MT6755) Mediatek Helio P20 2.3GHz / 1.6 GHz Octa-Core 64bit (MT6757)
メモリ 2 GB 3 GB
ディスプレイ 5.0 インチ 1280 x 720 ピクセル 5.0 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 16 GB 32 GB
サイズ 143.6 × 66.8 × 7.9 mm 145.0 × 67.0 × 8.0 mm
重量 137.4 g 143.0 g
充電端子 MicroUSB USB Type-C
価格(発売開始当初) 約 33,000 円 約 34,000 円
Antutu Score (v6) 47,000 76,000

Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ76,000。
このスコアはXperia Z5とほぼ同等であり、Xperia XAの上位機種であるXperia Xよりも高いスコアです。非常にコスパに優れた機種だとわかりますね。

>> Xperia XA1 – Sony Xperia (UK)

Xperia XZs

OS Android 7.1
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 820 2.15GHz / 1.6 GHz Quad-Core 64bit (MSM8996)
メモリ 4 GB
ディスプレイ 5.2 インチ 1920 x 1080 ピクセル
ストレージ 32 / 64 GB
サイズ 146 × 72 × 8.1 mm
重量 161 g

Xperia XZのマイナーチェンジモデル、 Xperia XZs が登場。

海外での発売は2017年4月。日本での発売は2017年5月です。

マイナーチェンジモデルながら、Xperia史上初の4GB RAMを搭載しています。
3GBと4GBの違いを体感できるかは別ですが、ヘビーユーザーにとってこれほど嬉しいことはありません。

また、これ以降のXperiaでは続々と4GB RAMを搭載する機種が登場します。
Xperiaシリーズにおける節目の機種と言えますね。

その他、カメラやストレージの進化、日本向けモデルではフルセグ、FeliCa(おサイフケータイ)に対応するなど、当時としてはフラッグシップ顔負けの性能となっています。

Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ140,000。
同CPUを搭載するXperia XZやXperia X Performanceと同等です。つまり、1年間ベンチマークスコアがほぼ上昇していません…
マイナーチェンジモデルだから当然、といえばそれまでですが。

>> Xperia XZs – Sony Xperia (UK)

Xperia L1

OS Android 7.0
SoC (CPU) MediaTek MT6737T 1.45 GHz Quad-Core 64bit
メモリ 2 GB
ディスプレイ 5.5 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 16 GB
サイズ 151 × 74 × 8.7 mm
重量 180 g

2017年最初のXシリーズ以外の機種は、Lシリーズでした。
2016年はEシリーズが発売されていますので、毎年廉価版モデルが発売されていることになります。

そして何の前触れもなく突如として発表されたのが Xperia L1 です。
2017年3月発表、2017年5月発売。

廉価版モデルですが、USB Type-C採用、Quad-Core CPU、HD ディスプレイ、外観はXシリーズと同様のループデザインを採用する等、チープ感が感じられない仕上がりとなっています。
防水防塵は非対応ですが、価格が2万円程度であることを考慮すれば、十分購入の選択肢に入る機種です。

気になるAntutuベンチ(v6)のスコアはおよそ38,500。
現状少しモッサリする程度ですが、OSアップデートで今後さらに応答性が悪化することを考えると、あまり選択肢に入らないかと思われます。

>> Xperia L1 – Sony Xperia (UK)

Xperia XA1 Ultra

OS Android 7.0
SoC (CPU) Mediatek Helio P20 2.3GHz / 1.6 GHz Octa-Core 64bit (MT6757)
メモリ 4 GB
ディスプレイ 6.0 インチ 1920 x 1080 ピクセル
ストレージ 32 / 64 GB
サイズ 165 × 79 × 8.1 mm
重量 188 g

Ultraシリーズに再び後継機が登場しました。
その名も Xperia XA1 Ultra 。2017年5月、海外でのみ発売です。

前機種のXperia XA UltraからはCPU、RAM、ストレージが進化。充電端子もUSB Type-Cになりました。
XA Ultraの正統進化版です。

なお、発売当初の価格はXperia XA Ultraの41,000円から47,000円に増加。
価格差は6,000円程度ですが、約50,000円と聞くと少し手が出しにくい印象です。

Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ75,000。
65,000程度との報告もありますが、おおよそXperia XA1と同等と考えて問題ないでしょう。なお、Xperia XA Ultraのスコアは49,000ですので、単純に考えると性能が1.5倍になったといえます。

>> Xperia XA1 Ultra – Sony Xperia (UK)

Xperia XZ Premium

OS Android 7.1
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz / 1.9 GHz Octa-Core 64bit (MSM8998)
メモリ 4 GB
ディスプレイ 5.46 インチ 3840 x 2160 ピクセル
ストレージ 64 GB
サイズ 156 × 77 × 7.9 mm
重量 195 g

Xperia XZの発売から7か月。
後継機 Xperia XZ Premium が発売されました。

海外では2017年5月に発売、国内では2017年6月にdocomoから発売。

まずはXZとスペックを比較してみます。

比較項目 Xperia XZ Xperia XZ Premium
OS Android 6.0 Android 7.1
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 820 2.15GHz / 1.6 GHz Quad-Core 64bit (MSM8996) Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz / 1.9 GHz Octa-Core 64bit (MSM8998)
メモリ 3 GB 4 GB
ディスプレイ 5.2 インチ 1920 x 1080 ピクセル 5.46 インチ 3840 x 2160 ピクセル
ストレージ 32 GB 64 GB
サイズ 146 × 72 × 8.1 mm 156 × 77 × 7.9 mm
重量 161 g 195 g
価格(SIMフリー版 発売開始当初) 約 77,000 円 約 86,000 円
Antutu Score (v6) 135,000 165,000


特記すべきは新しく搭載されたCPU、そして世界初の4K HDRディスプレイ。

CPUはクロック数が向上し、Octa-Core化されたにもかかわらず小型化されています。

写真左がSnapdragon 835、右がSnapdragon820。(写真 – ITmedia

また、Xperia Z5 Premium以来となる4Kディスプレイを搭載しています。
その4Kディスプレイも、Z5 Premiumではプリインストールの「Movie」アプリ、「Album」アプリでしか4Kコンテンツを楽しめませんでしたが、Xperia XZ Premiumでは「サードパーティ製」アプリの4Kコンテンツを楽しめるように。

発売時点で「dTV」、「Amazonプライム・ビデオ」、「Netflix」の4Kコンテンツに対応しています。

さらに4KディスプレイはHDR(High-dynamic-range rendering)に対応。
映像が従来よりも肉眼で見たときの色合いに近くなり、より深みのある映像が楽しめます。

またストレージにはUFS 2.1を採用。
従来のeMMCと比べ高速な読み書き性能を持ち、データ転送速度は理論値で5.8Gbps以上となっています。

この5.8Gbpsという速度はPCのSSDに匹敵する速度です。
Xperia XZ Premium発売時、PCで最も使用されているSSDの接続方法、SATA 3.0接続の理論値が6.0Gbpsです。スマホとほぼ変わりません。
実行速度となるとSSDに軍配が上がりますが、それでもPCとスマホの性能差は無くなってきているといえます。

その他、当然ながら防水防塵、フルセグ、おサイフケータイに対応。
久々の「 全部入りケータイ 」です(赤外線通信はありませんが)。

Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ165,000。
同時期発売のSnapdragon 835搭載端末より若干スコアは劣るものの、機能面で右に出る者はいない。そんなスマホです。

>> Xperia XZ Premium (SO-04J) ? ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia XZ1

OS Android 8.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 835 2.35GHz / 1.9 GHz Octa-Core 64bit (MSM8998)
メモリ 4 GB
ディスプレイ 5.2 インチ 1920 x 1080 ピクセル
ストレージ 64 GB
サイズ 148 × 73.4 × 7.4 mm
重量 155 g

2017年9月発売、Xperia XZ1 。 日本では2か月遅れの11月に発売しました。

OSはAndroid 8.0を搭載。発売時点では、GoogleのPixel / Nexus以外の端末で初搭載。

基本スペックは従来据え置きの点が多くなっていますが、一方で以下の点が進化しています。

  • 本体強度が向上(アルミシャーシ端を折り曲げる”バスタブ構造”を採用)
  • HDR動画対応(Full HDディスプレイ初)
  • 超スローモーション撮影対応(960 FPS)
  • 先読み撮影機能向上(笑顔検出)
  • 3Dクリエイター追加(カメラ)

CPUクロックはXZ Premiumから減少し2.35GHz / 1.9 GHzとなりましたが、Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ170,000と、従来機とほとんど変わりません。

>> Xperia XZ1 (SO-01K) ? ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia XZ1 Compact

OS Android 8.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz / 1.9 GHz Octa-Core 64bit (MSM8998)
メモリ 4 GB
ディスプレイ 4.6 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 32 GB
サイズ 129 × 64 × 9.3 mm
重量 140 g

2017年10月発売 Xperia XZ1 Compact です。
日本ではXZ1と同様11月に発売。

基本スペックはXZ1準拠ですが、小型モデルということで画面解像度が異なるほか、外装等も異なります。
コンパクトモデルの前機種、Xperia X Compactの発売から約1年経過しており、心待ちにしていた方が多い機種です。

比較項目 Xperia X Compact Xperia XZ1 Compact
OS Android 6.0 Android 8.0
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 650 1.8GHz / 1.4 GHz Hexa-Core 64bit (MSM8956) Qualcomm Snapdragon 835 2.45GHz / 1.9 GHz Octa-Core 64bit (MSM8998)
メモリ 3 GB 4 GB
ディスプレイ 4.6 インチ 1280 x 720 ピクセル 4.6 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 32 GB 32 GB
サイズ 129 × 65 × 9.5 mm 129 × 64 × 9.3 mm
重量 135 g 140 g
Antutu Score (v6) 78,000 155,000


Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ155,000と、Xperia X Compactの約2倍。
買い替えの理由としては十分な性能差です。

>> Xperia XZ1 Compact (SO-02K) ? ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia XA1 Plus

OS Android 7.0
SoC (CPU) MediaTek Helio P20 2.3GHz / 1.6 GHz Octa-core 64bit (MT6757)
メモリ 3 / 4 GB
ディスプレイ 5.5 インチ 1920 x 1080 ピクセル
ストレージ 32 GB
サイズ 155 × 75 × 8.7 mm
重量 155 g

2017年10月に海外で発売した、Xperia XA1 Plus
日本では未発売。

XA、XA1、XA1 Ultraと進化してきた同シリーズですが、XA2とはならずXA1 Plusに。

基本的なスペックはXA1 Ultraに準拠しています。
価格は40,000円ほどとお手頃価格。

Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ60,000。
XA1 Ultraの75,000から若干スコアが低下しているのが気になります。

>> Xperia XZ1 Plus ? Sony Xperia (US)

Xperia R1 / R1 Plus

OS Android 7.1
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon 430 1.5GHz Octa-Core 64bit (MSM8956)
メモリ 2 / 3 GB
ディスプレイ 5.2 インチ 1280 x 720 ピクセル
ストレージ 16 / 32 GB
サイズ 146 × 73.2 × 8.9 mm
重量 154 g

2017年11月にインドで発売、Xperia R1 / R1 Plus です。
スタンダードモデルのXperia R1と、メモリ・ストレージ容量をアップしたモデルのXperia R1 Plusが併売されています。当然ながら日本では未発売。

新興国向けに価格・スペックが抑えられた機種です。
基本性能が低いことは言わずもがなですが、LTEやデュアルSIMには対応しています。

価格は25,000円ほどと非常にお手頃。

Antutuベンチ(v6)のスコアはおよそ35,000。
同SoC(CPU)を搭載しているZenfone 3 Laserより若干スコアが低くなっています。

>> Xperia R1 – Sony Xperia (India)

エクスパンシス