スポンサーリンク

一枚の地図に一生分の旅の軌跡を!「マッピング」が面白い

アプリ

一生分の旅の軌跡を一枚の地図に描く。

そんな旅好きにとって神ともいえるアプリ「マッピング」をご存知でしょうか?

どんなアプリ?

ひと言でいうと、

「自分が通った全ての道を一生分まとめて1枚の地図に記録するGPSロガー」

のようなアプリ。

主な機能

・1枚の地図に全てのGPSログを全部記録。
・オフラインでも記録可能。
・ズームイン、アウト。ズームレベルごとに見やすく表示。
・バックアップ、リストア機能搭載で機種変更時も安心。

https://play.google.com/store/apps/details?id=org.liteapp.mat2

地図上は1マス20m×20mの400㎡の大きさで区切られており、このマスを塗りつぶしていく感覚になります。

なにが面白い?

単純なGPSロガーである以上できることは少ないですが、一方その洗練された機能はとても完成度が高く、面白いものに仕上がっています。

訪れた日や回数が見れる

GPSロガーとして当然の機能ですが、訪れた日付や回数が確認できます。

上の写真は管理人が本土の最北端である宗谷岬へ行った時の記録。

「ああ、あの時こんな場所に行ったよね。」

なんてことを記録を見ながら思いふけることができます。

ちなみに何度も訪れた場所は色が暖色系に変化します。(後述のヒートマップモード)
上の写真では稚内市内が黄色く変色しており、稚内市内に何度も訪れていることがわかります。

日ごとの旅の軌跡が見れる

日付や期間を指定することで、その当時にどこを訪れたのか見ることができます。

上の写真は2017/8/17~20の期間を指定したときのもの。
このときは苫小牧から稚内へツーリングに行き、帰りに新日本海フェリーで小樽から舞鶴まで乗船しました。

このアプリはオフラインでも機能するため、電波の届かない海上でもログが記録されるのが嬉しいですね。

思い出の写真を保存できる

この機能がマッピングアプリが神アプリである所以なのですが、旅の軌跡として写真を保存することができます。

いつ、どこで、どんな体験をしたか。

風景写真を保存するもよし、グルメ写真を保存するもよし、駅名標写真を保存するもよし。

上の写真はGWに鳥海山へツーリングへ行った時の記録ですが、まだ雪深かったことを思い出します…

航空写真への切り替えができる

マップ画像をGoogle mapから航空写真へ切り替えることができます。

見た目の印象を変えるだけの機能ですが、人によってはこちらの方が好きな方もいるかもしれませんね。

ふたつのモードで遊べる

この「マッピング」アプリにはふたつのモードが搭載されていて、どちらか好きな方を適宜選びながらGPSログを付けることができます。(常時切り替え可能)

アドベンチャーモード

真っ黒な画面から始まり、訪れた場所の塗りつぶしが無くなっていくモードです。

上の写真は6年間マッピングで記録し続けた結果で、日本全体のシルエットがなんとなくわかるほどになっています。

ヒートマップモード

画面内の”Mode”ボタンを押すと、先ほど紹介したアドベンチャーモードと、上の写真のヒートマップモードを切り替えることができます。

ヒートマップモードは少し前に触れましたが、訪れた場所の地図上を塗りつぶしていくモード。

何度も訪れた場所は暖色系の色に変化していきます。
上の写真では中京圏が特に赤くなっており、何度も訪れていることがわかります。

塗りつぶした面積の達成度がわかる

塗りつぶした面積に応じて、日本やその他の国の地域や面積と比較することができます。

本記事執筆時点で、マン島全島を制覇する程度には旅行しているようです。

ちなみに日本と比較するとたったの0.15%しか塗りつぶしできていません。(開始から約6年間)

日本の広さを実感します…

日毎の塗りつぶし面積がわかる

日毎の塗りつぶし面積を履歴として見ることができます。

その日にどれだけ旅をしたかが一目瞭然です。

SNSでシェアできる

twitterやLINEなどのSNSでシェアすることができます。

旅好きであることの証明になるかもしれませんね。

データバックアップ・インポートも可能

データを.mappingファイルとしてバックアップ・インポートすることができます。

機種変更時にデータを引き継ぐことができるため、その気になれば一生続けることができるGPSロガーアプリです。

ただし、残念ながら現時点でiPhone版のアプリは存在していません…

その他

アプリ使用前と比べて電池消費量が若干増加しますが、Settingメニューから”エコモード”を選択することである程度電池消費量を抑えることができます。

またアプリのON/OFFは任意に選べるため、お出かけするときだけONにする、なんて使い方もできます。

電池消費量はChromeと同程度

人生の旅のお供に

管理人の2015年~2021年までの6年間の旅の軌跡

管理人は2015年からこのアプリを使い始め、6年後の2021年には上の写真の状態まで日本を踏破することができました。

旅のモチベーションになるのはもちろん、次はどこに旅に出ようか?なんて次の旅にも繋がりますし、話のネタにもなります。
管理人は使い始めてからアプリが手放せなくなった挙句、今ではこのアプリのためにAndroidを使い続けているフシがあるとか…?

ちなみにこのアプリは日本だけでなく海外でも使用可能です。海外で道に迷ったときに、

「どこから来たっけ?」

となったとき、割と役に立ちます(実話)

ラスベガス旅行時のGPSログ

旅行が楽しくなること間違いなしの「マッピング」アプリ。

今から始めても、手遅れなんてことは全然ありません。コロナ禍だからこそ、これから是非始めてほしいアプリといえるでしょう。

コメント