GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



HDMVC4UCをWindows10でセットアップ

      2015/11/08




この度、どうしてもHDMI映像をキャプチャする必要があったため、倉庫に眠っていた 「HDMVC4UC」 をWindows10でセットアップしました。

ドライバ、およびソフトウェアが動くかどうか心配だったのですが・・・

hdmvc4uc.jpg [出典:サンコ- HDMI ビデオキャプチャーカード HDMVC4UC]


・PC環境
 Windows10 Home 64bit
 Core i5 3570K
 P8Z77-V
 8GB RAM
 HDMVC4UC
 GTX770

セットアップ手順を順を追って説明します。

 ドライバの導入

はじめに付属ディスクでドライバを導入します。

DSC_0423.jpg

ディスクが無ければ、公式サイトよりドライバをダウンロードします。
>> サンコーレアモノショップ – ダウンロード

hdmiキャプチャaa

ディスクを挿入すると、自動再生の画面が出ます。

スクリーンショット 2015-10-26 111859

「Autorun.exe の実行」をクリック。

するとメニューが表示されます。

スクリーンショット 2015-10-26 112014

一番上の、Driver Installationをクリック。
ドライバのインストールを開始します。

スクリーンショット 2015-10-26 112049

ユーザーアカウント制御は許可します。



補足ですが、ドライバCDの中身はこのようになっています。

スクリーンショット 2015-10-26 111913

スクリーンショット 2015-10-26 111921

ドライバインストーラーとソフトウェアの最終更新日が2011年・・・
つまりWindows8が存在しない頃です。

このときはWindows10がキャプチャーボードを認識するか、正直かなり不安でした。

もし仮に動いても、キャプチャソフトのShowBizが動く保証もありませんでした。


話を戻します。

Driver Installationをクリックし、アカウント制御を許可すると言語選択へ移ります。

スクリーンショット 2015-10-26 112111

日本語になっているか確認し、次へ。

スクリーンショット 2015-10-26 112123

後は次へを連打。

途中、インストール許可の画面が出たら「インストール」をクリック。

スクリーンショット 2015-10-26 112203

インストールが終了すると再起動を促されます。

素直に再起動しましょう。

スクリーンショット 2015-10-26 112214

ドライバの導入はこれで終了です。



ドライバを導入して再起動後、デバイスマネージャーを開くとキャプチャーボードを正しく認識しているのが確認できました。

スクリーンショット 2015-10-26 113346

Trident SAA7160 Hybrid Capture Deviceと表示されているのがキャプチャーボードです。

スクリーンショット 2015-10-26 113356

ドライババージョンは1.0.6.4と表示されています。
2011年のドライバでもWindows10で認識するようでなによりです。

 キャプチャソフトの導入

次に、付属ディスクでキャプチャソフトを導入します。

ArcSoftのShowBizというソフトがバンドルされているので、これをインストールします。

アマレコTV等、別のソフトを使用することもできますので、この項は必要に応じて参考にしてください。

まず始めに、ドライバの導入と同様にCDからAutorun.exeを起動します。

ソフトの導入では、上から2番目の 「Software Installation」 をクリックします。

スクリーンショット 2015-10-26 112346

インストールウィザードが開始します。

スクリーンショット 2015-10-26 112440

次へをクリックすると、シリアル番号入力画面に移ります。

スクリーンショット 2015-10-26 112456

ユーザー名は適当でかまいません。

シリアル番号はバンドルディスクのケースに半角英数字で印字されています。
ハイフン(-)込みで、全て大文字で入力します。

シリアル番号が認証されるとインストール先の選択画面になります。

スクリーンショット 2015-10-26 112828

インストール先を選択し、プログラムフォルダの選択を行うとインストールが開始します。

スクリーンショット 2015-10-26 112907

これにて完了です。

スクリーンショット 2015-10-26 113006

再起動後、ShowBizが使用できるようになります。

起動したShowBizの画面がコチラ。
問題なく起動できました。

スクリーンショット 2015-10-26 114111

バージョンは3.5.18.64でした。

次に、実際にキャプチャーしてみた様子を紹介します。

 HDMVC4UCとShowBizを使用してのキャプチャテスト

HDMVC4UCを使って実際にキャプチャしてみます。

ドキドキの瞬間です。

スクリーンショット 2015-10-26 113635

キャプチャできました。

HDMVC4UCはWindows10で問題なく使用できるようです。
※ドライバ及びソフトウェア新規インストールの場合

スマートフォンの画面もこの通り。

スクリーンショット 2015-10-26 113847

今回はHDCPプロテクトされた画面のキャプチャは試していないので、そちらはキャプチャできるかどうかはわかりません。

ですがHDMVC4UCはHDCPプロテクト対応機器ですので、おそらくキャプチャ可能だと考えられます。



今回バンドルディスクでインストールしたShowBizのバージョンは3.5.18.64でした。

無料でアップデートできないか試したところ、残念ながらアップデートできませんでした。

スクリーンショット 2015-10-26 114123

何か別の方法でアップデートできるかもしれませんが、今回はやめておきます。

現状十分なキャプチャができますので。


HDMVC4UCをWindows10でセットアップ・キャプチャする紹介は以上になります。

問題なく使用できるため、Windows10へのアップデートを躊躇している方はアップデートしてみるのもいいかもしれませんね。

 - PC