GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



スマホカメラを捨ててコンデジを買ったら休日が楽しくなった

   




たまにはHow Toじゃない記事も書いてみます。



スマホカメラって便利ですよね。いつでもどこでもサッと取り出せてパシャリ。 Twitterやインスタにすぐアップできます。

そんな便利なスマホカメラですが、私は使うのをやめてしまいました。 正確には、”コンデジを買ってから”使うのをやめました。

ここでは、SONYのDSC-RX100m3というコンデジを買って以降、スマホカメラを使わなくなったことと、タイトルの通り休日が楽しくなったことをつらつらと綴りたいと思います。

コンデジを買った経緯

かっこいい写真を撮りたかった(切実)

写真撮影センスのセの字もない管理人ですが、旅行なんかに行けばスマホでパシャパシャ写真を撮ります。
別にそれでもいいっちゃいいんですが、どうしてもスマホカメラの限界を感じていました。
特に、一緒に旅行している友人が隣で一眼をパシャパシャやっていると、その写真との出来栄えの差に愕然・羨望の念がふつふつと沸き上がります。

↑スマホカメラの限界。

あんな写真を撮りたい。
出来れば後で見返してニヤニヤしたい…

近々旅行にも行きたいと考えていた私は、ほぼ衝動買いに近い感じで、近くのJoshinへダッシュしたのでした。

DSC-RX100m3を購入

とりあえずJoshinへ来たものの、コンデジの良し悪しなんて全くわからない私。
とりあえずカメラ性能についてググりました。

結果、以下の性能を重視して購入を検討しました。

  • センサーサイズ:かっこいい写真を撮るには、画素数よりセンサーサイズが重要っぽい。1.0型が欲しい。
  • 充電端子:モバイルバッテリーで充電したいので、MicroUSB端子が欲しい。
  • GPS:写真を撮った場所を記録して、後でニヤニヤしたい。
  • 耐久性:常にポケットに入れておいて、多少の衝撃に耐えられるやつ。防水がいい。
  • Wi-FiかBluetooth対応で、コンデジからスマホに直接写真を送信したい。

しかし、以上の条件を満たすコンデジはこの世に存在しないことが判明。

特に、防水&GPS対応&センサーサイズ1.0型以上のコンデジがほとんど無い模様。
とりあえず以下の2機種がJoshinにあったので、どっちかを購入することに。




結果、2時間ほどJoshinで悩み続け、店員さんへ猛烈な価格交渉を行った結果、GPSを諦めて上のRX100m3を購入しました。
後に、Google Photoを使えばGPS情報を写真に付与できると知り、RX100m3を買って正解だったと気づきます。

無性に外出・旅行したくなった

新しいコンデジを買ってうかれる私。
レビュー記事も書かずに、とりあえず旅行に行くこと決意します。早くコイツの性能を試したい…

買ってから2週間後、突如有給休暇を使って北海道ツーリングに行きました。

たのしかった(小学生並の感想)

以降、何かと外出が多くなりました。特に絶景スポットによく行くように。 もちろん家でゴロゴロするときも(割と)ありますが。

写真の撮り方を勉強できる

コンデジを買ってから、写真の撮り方を工夫するようになりました。たまにスマホで写真を撮るときも、構図・逆光・絞りなどを考えるように。
自然とインスタ映えする写真の撮り方が身に付きました。インスタやってないけど。

今は星空をうまく撮れないか試行錯誤中です。コンデジでもかなりきれいに撮れるみたい。

DSC-RX100M3で撮影した星景写真をまとめて紹介します。

こんにちは。 自分がサブカメラとして使っているコンパクトデジタルカメラがあります。 それが、ソニーのDSC-RX100M3です。 今回のこの記事では、コンデジでは比較的珍しい星景写真の作例を紹介します。 スポンサードリンク

www.kazu-photo.com





何が言いたいかというと、コンデジって結構いいよってこと

ポケットからサッと取り出せてパシャッと撮影。周囲の人からは一眼みたいにガチに思われないし(重要)、いつでもどこでも撮影できます。
スマホカメラもいいけど、コンデジはもっといい。

 - その他ガジェット