スポンサーリンク

あなたのHDDはなぜ壊れるのか?寿命を徹底解説!

PCガジェット

あなたは、HDDが壊れた経験はあるだろうか。

私は、ある。
秘蔵の動画(約2TB)が消えてしまった悲しみは、マリアナ海溝よりも深かった…

なぜ壊れるのか。いつ壊れるのか。壊れにくいHDDはあるのか。
本ページでは、HDDの寿命や故障率について徹底的に解説していきます。

HDD瀕死のお知らせ&PC新調検討 in Amazon
7年前に自作した管理人の自作PCだが、最近HDDから「きゅるーん」という可愛い音が発生するようになってきた。女の子から言われるなら大歓迎だが、HDDから言われるのはノーセンキュー。壊れる前にさっさと次の娘(HDD)に乗り換えてしま...

HDDの寿命は?

パソコンやテレビ、ゲーム機など、数多くの機器に使用されているHDD。
寿命は一体どれくらいなのでしょうか。

使用頻度や環境、製造メーカー等の条件により変化するため、一概に寿命を言うのは難しいですが…

ざっくりとした目安としては、約3年~4年程度と言われています。

これは、実際の統計によるもの。
四半期ごとにHDDの故障率を調査しているBACKBLAZE社の統計によると、使用から3年を超えたHDDの故障率は約11.8%に上るそうです。

BACKBLAZE社統計 https://www.backblaze.com/blog/how-long-do-disk-drives-last/

HDDメーカー各社も、保証期間を3年に設定している場合が多いようです。

ちなみに、このページを書いている管理人のHDDも3年で壊れました…

Seagate製HDD (ST2000DM001)が故障
この度、めでたく管理人のHDDが故障し、2TBのデータが完全復旧不可能になりました。バックアップもとっておらず、HDDは産業廃棄物と化しました(絶望)。というわけで、HDD故障に備えるためにすべきことをまとめたいと思います。Seaga...

HDDはなぜ、こんなにもすぐに寿命を迎えてしまうのでしょうか?

寿命を迎える原因

起動回数

起動回数が多いと、HDDはすぐに寿命を迎えてしまいます。

通常、HDDのデータを読み取る”ヘッド”と呼ばれる部分は、回転するディスクプラッタの空気の力で、わずかに浮いた状態になっています。

しかしHDDの電源をOFFにすると、ディスクプラッタの回転が止まり、ヘッドがディスクプラッタに接触してしまいます。

ヘッドはディスクプラッタ上のデータが記録されている部分と直接接触はしません。しかし、繰り返し電源ON/OFFを繰り返すとヘッドが摩耗し、研磨粉が発生してしまいます。

これが寿命を縮める原因になってしまうのです。

ちょっと詳しい話 – 最近のHDDについて

少し詳しい方向けに補足。

上で説明した起動回数は、CSS方式のHDDのお話。要は、電源OFF時にディスクプラッタとヘッドが擦れる場合のお話です。
一方、最近のHDDは”ロード/アンロード方式”を採用しています。

COMMENT

ロード/アンロード方式とは、HDD内部でヘッドとディスクプラッタが接触しないようにする機構のひとつ。
ディスクプラッタの外周に”ランプ”という傾斜を設けていて、HDD停止時にヘッドがランプに退避するようになっています。

ロード/アンロード方式とは - IT用語辞典
ロード/アンロード方式【head load/unload mechanism】とは、ハードディスクドライブ(HDD)内部でディスク表面と磁気ヘッドが接触しないようにする機構の一つ。HDD内では磁性体を塗布したガラスや金属でできたプラッタ(円盤)が高速で回転し、磁気ヘッドを近接させて信号の記録や書き込みが行われる。動作中...

この方式のHDDの場合、「起動回数」ではなく「ロード/アンロード回数」が寿命に関係します。

例えば、SeagateのHDDを例にしてみると…
公式HPにロード/アンロード回数の最低保証値(設計値)が記載されています。

https://www.seagate.com/www-content/datasheets/pdfs/3-5-barracuda-3tbDS1900-10-1710US-en_US.pdf

上の表では、Load/Unload Cyclesが”300,000″となっています。
つまり、このHDDのロード/アンロード回数は30万回を設計値にしているということ。

これに対して筆者のHDDの状態は…

約3万回です。
ちなみにこのHDDは使用開始から約7年経過しています。

おおよそ「1日に1回PCを起動する」使い方をしているため…
このペースで使い続けると、残り約59年使用できる計算になりますね。

…いや、絶対それまでに壊れると思いますが。

稼働時間

HDDの稼働時間も、寿命のひとつの目安になります。

先ほどご紹介したBACKBLAZE社の統計によると、1年365日/24時間フル稼働させたHDDは、稼働3年目以降から急激に故障の確率が高くなるとのこと。

故障率統計 https://www.backblaze.com/blog/how-long-do-disk-drives-last/

これを時間に換算すると、約26,000時間
単純比較はできませんが、平均で1日10時間PCを使うと仮定すると、約7年間で寿命が来ることになります。

メーカー・グレードによる寿命の違い

メーカーやグレードの違いは、寿命の違いに繋がります。
特に、グレードの違いは寿命に直結します。

例えば、老舗HDDメーカーのWesternDigitalの場合。
一般向け上位グレードの”WD Red”と、企業向けグレードの”WD Red Pro”を比較してみましょう。

基本スペックに大きな差はありません。
しかし、注目すべきは「ワークロード率」。

これは、簡単に言うとデータ転送量の設計値のこと。
一般向けに対し、企業向けのWD Red Proは約1.7倍の耐久性が考慮されています。

このように、同じメーカーでもグレードによって設計値が異なるため、寿命に差が発生するんです。

WD Red NAS Hard Drive | Western Digital ストア
最先端のWD RedTMドライブなら、すべての対応NASシステムで大切なデータを保存できます。最大6TBのWD RedTMドライブは、NASソリューションの構築を求めるお客様に幅広いソリューションを提供します。最大8ベイの個人および自宅のNASシステム用に構築およびテストされたこのドライブは、1つの強力なユニットに必要...
ちょっと詳しい話 – メーカー・グレード別の故障率統計

ここでもまたBACKBLAZE社の統計をご紹介。
今回はメーカー・グレード別の故障率統計です。

グレードを”企業向け”と”一般向け”に大別しています。

ご覧の通り、企業向けグレードの故障率は一般向けと比べて軒並み低いです。
また、メーカーにより故障率に多少の差があることがわかります。

一部では、

「Seagate製のHDDは壊れやすい!」

なんて声もありましたが、一般向けHDDの中ではむしろ優秀な部類。
グレードを理解していない方々が、数字だけ見て騒いでいるだけかと思われます。

ちなみにグレード分けしていない表は以下の通り。

故障率統計(WD記載なし) https://www.backblaze.com/blog/backblaze-hard-drive-stats-q3-2019/

これだけ見ると、Seagate製は壊れやすいというイメージが湧くかもしれません。
実際はそんなことは無いんですけどね…

Backblaze、2019Q3ハードディスク故障率発表 - Seagateは高い傾向
オンラインバックアップサービス企業のBackblazeは11月12日(米国時間)、2019年第3四半期におけるハードディスク故障の統計データを発表した。同社のサービスに使用しているハードディスクに関し、2013年4月から2019年9月までのデータがまとめられている。

ただし、過去にSeagate製のHDDが大量に故障した事件がありました。(通称:7200.11不具合)
これは2000年代の話でしたが、「Seagate製のHDDは壊れやすい!」という方は当時の感覚のまま話をされているのかもしれませんね。

7200.11不具合 - HDD購入情報 Wiki*

購入すべきHDDは?

故障の少なさでいえば、HGST製か東芝製のHDDを購入すべきですが…

ただし、それは企業向けグレードの話。

予算に余裕があればそれでもよいでしょうが、一般ユーザーであればSeagate製のHDDで問題ありません。

何も考えず、「壊れにくそう」だけでHGST製や東芝製を購入するのは、お金の無駄遣いとしか言いようがないかと。

これは本ページにもいえるかもしれませんが…
あまりインターネットの情報を鵜呑みにしないように。

コメント