GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Xperiaの歴史 – コラム

コラム:Snapdragon 第5世代について

2013年に発売したXperia Lでは、ついに第5世代SnapdragonであるSnapdragon 400が搭載されました。
この頃からSnapdragonは新しい命名ルールに変更され始めます。

これまでSnapdragon S4 Plusと呼ばれていたCPUはSnapdragon 400に、Snapdragon S4 ProはSnapdragon 600に変更され、その他のシリーズも大きく名称が変更されます。

そこで各種変更点などを表にしてまとめてみました。
>> Snapdragon Processors for Power and Efficiency | Qualcomm

従来の名称 第5世代以降の名称 クラス分類
Snapdragon S4 Play Snapdragon 200 ローエンド
Snapdragon S4 Plus Snapdragon 400 ローエンド・ミッドレンジ
Snapdragon S4 Pro Snapdragon 600 ミッド・ハイレンジ
Snapdragon S4 Prime Snapdragon 800 ハイエンド


Xperia Lに搭載されているSnapdragon 400は、Snapdragon S4 Plusを改良したモデルになります。

Snapdragon 800はSnapdragon S4 Primeから進化したモデル(Wikipedia)のようですが、S4 PrimeはもともとスマートTVやセットトップボックス向け製品ですので、別物として考えてもいいでしょう。

コラム:Xperiaのシリーズについて

これまで数々のXperiaを見てこられた皆さんですが、ここまで見るとXperiaにはいくつかシリーズがあることに気付くかと思います。

例えばXperia XシリーズにはXperia X Performance, X10, X8など、Xperia ZシリーズにはXperia Z, ZR, ZLなど、名前に規則性があるのがわかります。

これは2014年以降のXperiaで顕著になり、大別すると Xperia Eシリーズ、Xperia Cシリーズ、Xperia Mシリーズ、Xperia Tシリーズ、Xperia Aシリーズ、Xperia Zシリーズの6つのシリーズが多く販売されました。

なお2016年以降のXperiaでは、再びXperia Xシリーズが復活しました。

さて、2015年以前に日本・海外で良く売られていたモデルを見ると、Xperia Z1、Z3、Z5やミッドレンジモデルのXperia M、M2、M4 aquaなど、ローマ字のうしろに数字が付くのがわかるかと思います。

実は、このローマ字(E, C, M, T, A, Z)には規則性があり、エントリーモデルはEシリーズ、フラッグシップモデルはZシリーズ、というようにシリーズ分けされています。

ということで表にしてまとめてみました。

シリーズ クラス分類 販売機種 備考
Xperia E ローエンド E, E1, E3, E4, E4g
Xperia C ローエンド・ミッドレンジ C, C3, C4, C5 Ultra 自撮り特化モデル
Xperia M エントリー・ミッドレンジ M, M2, M4 aqua, M5
Xperia T ミッドレンジ – ハイエンド T (GX/TX), T2 Ultra, T3 発売年でクラス分類が変化
Xperia A ハイレンジ (A), A2, A4 Xperia Aは海外ではXperia ZRとして発売
Xperia Z フラッグシップ・ハイエンド Z, ZL, (ZR), UL, Z1, Z1 f, Z1s, Z Ultra, Z2, ZL2, Z2a, Z3, Z3 compact, Z3+, Z4, (Z4v), Z5, Z5 Premium, Z5 Compact Xperia ZRは国内ではXperia Aとして発売


各シリーズのスペックの相関としては E < C < M < A < Z となることが多いようです。
(初代Xperia MとXperia Cでは立場が逆転しています)

Tシリーズについては、初代Xperia T (GX/TX)がフラッグシップモデルだったのに対しXperia T3ではミッドレンジになるなど、発売年によってスペックがバラバラです。

Xperia Zシリーズについては一部Zシリーズなのか怪しい機種も混ざってますが、それにしてもZシリーズは多いですね。

今後、Xシリーズは一体何機種登場するのか、期待が高まります。

公開日: