スポンサーリンク

Snapdragon S4

Snapdragonは、S4シリーズで着実な進化を遂げた。

LTEモデムの搭載、Adreno GPUの搭載、そしてQuad-core CPUの搭載だ。

これはスマートフォンのゲーム機化を後押しした。QualcommによるSnapdragon S3の出荷で既にスマートフォンはゲーム機と化していたが、これが完全なものになったのだ。
Nintendo 3DSも、PlayStation VITAも、XBOXも、他でもないただの携帯電話に、ゲーム機は負けてしまった。

これを裏付ける、CESAの調査結果は役に立つだろう。
2009年と2016年を比べると、ゲーム機の市場規模はおよそ半分~2/3に縮小してしまった。

参考 : https://www.oricon.co.jp/news/2057117/full/

Snapdragonの躍進は、これだけではなかった。

Qualcommは、Snapdragonのシリーズ再編に着手していた。
SoCの性能を活かすために、用途別にS4 Prime、S4 Plus、S4 Pro、S4 Playという4つのサブブランドを設定したのだ。

今考えると不思議な話ではないが、のちに200/400/600/800というシリーズ分けがされ、業界のスタンダードを作り出したことは、Qualcommがマイナーメーカーからリーディングカンパニーに躍進したことを表していた。

出典 : https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1209/11/news038.html
Snapdragon S1 ~ S4までのロードマップ

Snapdragon S4 Specification

Snapdragon S4は、4つのサブブランドで合計12種類のSoCを出荷した。
特にS4 PlusブランドのSoC「MSM8960」は大人気から供給不足に陥り、Qualcommの一人勝ち状態を世間に知らしめることになった。

この頃日本勢は、ここぞとばかりに国産の「SAKURAチップ」、第2世代の「COSMOS」をリリースしたが、Snapdragonに太刀打ちできるレベルではなかった。
特に、日本の技術の結集とも揶揄されたCOSMOS(正式名称:ANT30)は、品質面で明らかにSnapdragonに劣っていた。富士通のARROWSに一時期採用されただけである。

COSMOSを開発したアクセスネットワークテクノロジ社は、瞬く間に清算されてしまった。

スマホ用半導体の共同開発断念 「日の丸半導体」の凋落ぶりを象徴

富士通、NTTドコモ、NECがスマートフォン用半導体の共同開発を打ち切ることを決めた。資金難に直面し、現状の開発力や販売力では世界大手に対抗できないと判断した。かつて半導体開発で世界を主導しながら、激変する市場環境に対応できない「日の丸半導体」の凋落ぶりを象徴しているといえそうだ。

https://www.j-cast.com/2014/03/08198239.html?p=all
「チップはQualcommだけじゃない」ことをARROWS X F-02Eの“中身”を分解して知る
2013年春モデルで登場したARROWS X F-02Eは、“Tegra 3”に“COSMOS”と、採用するパーツの独自性が色濃いユニークなモデルだ。その気になる中身を見てみよう。
Process rule28 or 45 nm
ArchitectureQuad Krait or Dual Krait or Dual Cortex-A5
CPU clock1.7 GHz (Max.)
CPU core2 or 4
Release2012
Snapdragon S4, S3, S2, S1 Processor Specs and Details | Qualcomm
Explore Snapdragon S4, S3, S2, and S1 processor specifications, capabilities and features.