スポンサーリンク

Snapdragon S3

当時のAndroidはそこそこ使えるようになってきたし、電話やメール、ブラウジングをする分には問題が無かったが、ゲームやAdobe flashの再生はとても重かった。

CPUが非力なシングルコアだったからだ。

そんな中登場したのは、デュアルコアのSnapdragon S3だった。

登場は2011年。登場するや否や、スマートフォンはゲーム機になった。
日本では2012年に発売されたXperia acro HDにSnapdragon S3が搭載された。同年にサービス開始されたパズドラは、スマートフォンがゲーム機になったことを象徴しているだろう。

パズドラはリリースから1年で約900万DLを達成した。

プロセスルールは45nmのままだった。
しかし、Qualcommは既に二の矢三の矢を準備していた。

熾烈になったSoCの進化競争は、プロセスルールの微細化とGPUアーキテクチャの一新に繋がっていく。
すなわち、Snapdragon S4への系譜である。

Snapdragon S3 Specification

Snapdragon S3の製品群は少なく、僅か3つに留まる。
CPUのデュアルコア化によって、S3シリーズの目標は果たされてしまったのだろうか。

Process rule45 nm
ArchitectureDual Scorpion
CPU clock1.5 GHz (Max.)
CPU core2
Release2011
スポンサーリンク
シェアする
LNをフォローする
GADGET Initiative