スポンサーリンク

Snapdragon S2

Snapdragon S1で勢いづいたQualcomm社。
その勢いは、留まることをことを知らなかった。

2010年、「Snapdragon S2」が出荷されたのである。

Snapdragon S1をベースモデルにプロセスルールの微細化を行ったSnapdragon S2は、携帯電話用SoCのシェアを無双していた。
CPUクロックは最大1.5GHzに強化されている。

ちなみに、MediatekやNvidia Tegraといった他社SoCの初期モデルは、この頃に出荷され始めた。
しかし、たかだか600MHz程度のSoC(Mediatek MT6513 / Tegra APX)では、Snapdragonと勝負することすら出来なかった。

NVIDIA、Android対応の新プロセッサ「Tegra APX 2600」発表
NVIDIAがAndroid対応のシステムオンチップ「Tegra APX 2600」を披露した。

SoCシェアはもはやQualcommの寡占状態だった。
2011年、Snapdragon S2が出荷された後、Android市場シェアの7割をSnapdragonが占めていた。

英市場調査会社のStrategy Analytics社の調査によると、携帯電話ベースバンドチップのシェア第1位もQualcommだったようだ。
下のグラフの通り、約4割のシェアをQualcommが握っていた。

出典 : https://www.semiconportal.com/archive/editorial/market/101008-strategyanalytics.html

Snapdragon S2 Specification

当時はLTEの黎明期だったが、要のLTEモデムは別体で用意されていた。
APQ製品群(例えばAPQ8055)はモデム機能を搭載していないため、QualcommのMDM型番の製品と接続する必要があったのだ。

Process rule45 nm
ArchitectureScorpion
CPU clock1.5 GHz (Max.)
CPU core1
Release2010
Snapdragon S4, S3, S2, S1 Processor Specs and Details | Qualcomm
Explore Snapdragon S4, S3, S2, and S1 processor specifications, capabilities and features.