GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Xperiaの歴史 – 2011年

2011年

ついにやってきた2011年。

この年から国内でも大々的にスマートフォンの販売が始まります。
ガジェットが好きな方は、2011年あたりからスマートフォンデビューした方も多いのではないでしょうか。

そしてAndroidもv2.3へ、Gingerbreadの時代がやってきます。
このあたりからようやくiPhoneと比べられるようになってきました。

ちなみに、2011年といえばiPhone 4Sが発売した年です。
なんだか最近のような気がしてきました(気のせい?)。

そしてNintendo 3DSが発売した年でもあります。
いよいよ最近っぽくなってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。

それでは、2011年のXperiaを見てみましょう。

Xperia arc

xperiaarc

Xperia arc 、発売。

Xperia X8の図太い胴体はどこへやら。
arc形状の薄型スマートフォンとして、Xperia arcが2011年3月、ドコモから発売されました。

Xperia arcはこれまでのXperiaから、様々な点が大きく進化しました。

まずはCPU。
Qualcomm MSM8255 Snapdragon S2 1.0GHzを搭載しています。
ついにSnapdragon S2になりましたね。

ストレージは128MBから1GBへアップ。そしてメモリは512MBへと増大しました。
ディスプレイは4.2インチ480×854ピクセルと少しだけ進化。

またAndroid 2.3を搭載しており、海外ではAndroid 4.0までアップデートされました。
Android 4.0と聞くと、少しだけ最近のスマホっぽさが出てきた気がします。

必要十分な性能を持ち、ドコモで大々的に販売されたXperia arc。
お世話になった方も多いはず。

ちなみにAntutuベンチのスコアは3,000程度。
CPUパワー的には、実はX10からそこまで進化しているわけではありません。

>> Xperia arc – SONY

Xperia Neo

xperianeo

2011年3月、海外で Xperia Neo が発売されました。

3.7インチ480×854ピクセルのディスプレイを搭載し、CPUにSnapdragon S2 1.0GHz、メモリ512MB、ストレージ1GB、OSがAndroid 2.3、価格が約40,000円と、Xperia arcの廉価版的な立ち位置のスマートフォンです。

といってもXperia arcと比べてスペックにほとんど変わりはなく、arcのデザインを変えたスマホといったイメージです。

Antutuベンチのスコアは3,000弱程度。
Xperia arcよりも少し下がっていますが、誤差の範囲内です。

>> Xperia Neo – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia acro

xperiaacro

2011年7月、日本向けに特化したXperiaである Xperia acro がドコモとauから発売されました。

Xperia acroの特徴はなんといってもガラパゴス機能。
いわゆるガラスマというやつです。

ワンセグ、赤外線、おサイフケータイ(FeliCa)などに対応し、これを機に多くのガラケー勢をスマートフォンへ移行させることに成功しました。

もともとXperia acroはXperia arcを基本として作られた機種であり、(当時としては)高い基本性能であることも、ガラケーからスマートフォンへの移行を後押ししたようです。

この機種からスマホにしたよ!という方も多いのではないでしょうか?

気になるスペックは、CPUがSnapdragon S2 1.0GHz、ディスプレイは4.2インチ480×854ピクセル、メモリ512MB、ストレージ1GBと、Xperia arcのスペックに忠実です。

そしてAntutuベンチのスコアもarcに忠実、約2,900です。
2010年発売のXperia X10 mini proと同程度ですので、Xperiaシリーズは1年以上ベンチマークスコアが変わらないことになります。

>> Xperia acro – SONY

Xperia mini

xperiamini

2011年8月、海外で Xperia mini が発売されました。
先代のXperia X10 miniよりもディスプレイは大きくなり、3.0インチ320×480ピクセルのディスプレイを搭載しています。

CPUはSnapdragon S2 1.0GHz、メモリ512MB、ストレージ320MBと、ストレージが少なめです。

しかしこの機種、海外での発売から2か月後の2011年10月に、日本でも発売されました。
SONY製スマートフォンにもかかわらず、「Sony Ericsson mini」としてXperiaブランドを捨てて発売されたため、知らない方も多いかと思います。

発売キャリアはイー・モバイル(現Y!mobile)。
日本向けとして、ストレージが1GBに強化されて発売されました。

>> Sony Ericsson mini S51SE – Y!mobile

どうやら、日本向けXperiaのストレージは多くなる傾向にあるようです。
逆に海外向けXperiaのストレージは、少なくなる場合が多々あります。

このような海外向けXperiaのストレージが少ない傾向は、このころから少しずつ始まりました。

このような海外版Xperiaのストレージが少ない傾向は、数年後に発売されるXperia Z3まで続くことになります。
(Xperia Z3は国内版のストレージが32GB、海外版は16GB)

Antutuベンチのスコアは約2,900。
CPUはXperia arcからずっと変わらずSnapdragon S2のため、大きな進展はないようです。

Xperia mini pro

xperiaminipro

海外版のXperiaはなぜ、これほどまでにキーボードが大好きなのか。
2011年8月、Xperia miniと同時期に、キーボード搭載の Xperia mini pro が発売されました。

スペックはXperia miniとほとんど変わらず、変更点といえばストレージが400MBに強化されたことと、キーボードが搭載されたこと程度。

Antutuベンチのスコアは3,200程度。
Xperia miniよりも僅かにスペックが良くなっているようです。

>> Xperia mini pro – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia ray

xperiaray

2011年8月、ドコモからスリムボディが特徴のスマートフォン、Xperia ray (SO-03C)が発売されました。
あまり知らないという方が多いのではないでしょうか。

Xperia rayはこれまでのXperiaからコンセプトを一転した、「女性向け」のXperiaです。

その特徴として、女性でも片手で扱えるように本体が小型化されており、Xperia arcやacroから小型化された3.3インチ480×854ピクセルのディスプレイを搭載しています。

また国内展開された機種では、カラーバリエーションに黒が無いことも特徴です。

当時のXperiaユーザーは女性が男性の2/3しかおらず、Xperia rayでSONYが女性ユーザーの獲得を目指していたことがよくわかります。

スペックはCPUがSnapdragon S2 1.0GHz、メモリ512MB、ストレージ1GBと、Xperia arcと同等の機能を有しています。

しかしあまり売れなかったのか、当時のXperiaでは唯一OSアップデートが1回も行われませんでした。
どこぞのXperia A2さんも同じですね。

個人的には、片手で操作ができてデザインがとても良いのでお気に入りの機種です。

Antutuベンチのスコアは約3,000。
従来からほとんど変わりありません。

詳細スペックなどは公式のWhitepaperからどうぞ。
>> Xperia ray – White paper | Sony Ericsson

Xperia arc S

xperiaarcs

2011年9月、Xperia arcの強化版である Xperia arc S が海外で発売されました。

CPUはSnapdragon S2 1.4GHz、メモリ512MB、ストレージ1GB、4.2インチ480×854ピクセルのディスプレイを搭載。
外見はXperia arcと全く同じといっても過言ではないですが、CPUのクロックとカメラが強化されました。

なお2011年発売のXperiaで唯一、CPUがSnapdragon S2 1.0GHzではありません。
従来より0.4GHz増えて、1.4GHzとなっています。

そのためAntutuベンチのスコアは2011年のXperiaで最も高い、3,500を記録しています。
それでもXperia Z5の1/15以下なのが悲しい。

詳細なスペックは公式のWhite paperから見ることができます。
>> Xperia arc S – White paper | Sony Ericsson

Xperia active

xperiaactive

2011年10月、Xperia史上初の防水端末である Xperia active が海外で発売されました。
Xperia acro HDよりも前に、防水のXperiaはあったんですね。

基本的な性能や大きさはXperia miniに準拠しており、ストレージが1GBである点と、防水防塵であることが従来から進化しています。
(デザインについては退化したかもしれませんが。)

AntutuベンチのスコアはXperia rayと同じく約3,000。
Snapdragon S2の1.0GHz駆動なので妥当なスコアです。

>> Xperia active – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia Neo V

xperianeov

2011年10月、海外でXperia Neoのマイナー版である Xperia Neo V が発売されました。

CPUはSnapdragon S2 1.0GHz、メモリ512MB、ストレージ1GBとXperia Neoとほぼ同様のスペックですが、3.5Gの通信に対応したようです。

3.5Gとは3Gよりも高速な通信が可能な通信方式で、日本ではFOMAハイスピードなどが提供されています。
ちなみにLTEは3.9Gに分類されます。

geekaphoneでNeoとNeo Vの比較を見ると、何が進化したか非常にわかりやすいです。
>> Xperia Neo V vs Xperia Neo – geekaphone

Antutuベンチのスコアは約2,900。
Xperia Neoとほとんど変わりません。

>> Xperia Neo V – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia pro

xperiapro3

2011年10月、Xperia pro が海外で発売されました。

見た目はXperia Neoそっくりですが、キーボードが搭載されています。

その他、CPUやディスプレイ、OSなどはXperia Neoと変わりありません。

そのためAntutuベンチのスコアも、Xperia Neoとほとんど変わらない3,000程度となっています。
>> Xperia pro Benchmarks – AnTuTu.com

>> Xperia pro – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia PLAY

xperiaplay

2011年10月、キワモノ機種 Xperia PLAY がドコモからSO-01Dとして発売されました。

最大の特徴は画面の横のゲームパッド。
当然ですが、これでゲームできます。でも時代を先取りしすぎた感が否めない。

PSP goみたいな形をしていますが、一応Androidスマートフォンです。

(下の画像はPSP go。似てる。) pspgo

CPUはSnapdragon S2 1.0GHz、ストレージ1GB、メモリ512MB、Android 2.3搭載と、Xperia arcから進化した点はありません。
むしろディスプレイは小さくなっています。

ちなみにAntutuベンチのスコアは3,000程度。
Xperia arcとほとんど変わらず。

Xperiaで1番のキワモノ、Xperia PLAYのSONY紹介ページは以下より。
>> Xperia PLAY – SONY

公開日: