GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



旅行に行く人必見!モバイルバッテリーの機内持ち込みについて

   




DSC_0517

飛行機に乗る際、気になるのが「持ち込めるモノ」について。

特にガジェットが好きな方は、PCやスマホ、モバイルバッテリーは必需品ですよね。

国内線・国際線にかかわらず、持ち込み・預け入れができるか気になるところ。

というわけで、気になる「 モバイルバッテリー 」の機内持ち込みについて紹介いたします。

機内持ち込みはできるのか?

はじめに結果から言ってしまいます。

モバイルバッテリーは、機内持ち込みできます(ほとんどの場合)。

これは国土交通省のホームページや、各航空会社のホームページでも確認できます。
>> 機内持込・お預け手荷物における危険物について – 国土交通省

リンク先を確認するとわかりますが、モバイルバッテリーの容量によって持ち込めるかどうかが変わってきます。

これを簡単に表にまとめるとこんな感じ。

モバイルバッテリー機内持ち込み

ここで気になるのは、容量の単位が Wh という見慣れないものになっていること。

この単位について、わかりやすく補足をしてみましょう。

「 Wh 」とは?

Wh とは、簡単に言うと電力をどれだけ使ったかの値。

一方モバイルバッテリーによく記載されている mAh は、電池の放電容量。

mAh を Wh に変換するのは、とても簡単です。

mAh → Wh 計算方法

多くのモバイルバッテリー(スマホ用)の場合、以下の計算でWhが求められます。

mAh(電池の容量) を1,000で割り、5をかける

たったこれだけです。

割ったりかけたりしていますが、これは

「 Wh = mAh ÷ 1,000 × V 」

という計算をもとにしています。

たとえばAnkerのモバイルバッテリー、Astro E1を例にとってみましょう。

DSC_0520

このモバイルバッテリーの容量は5,200mAhです。
これを例にとると、

5,200 ÷ 1,000 × 5 = 26 Wh

5,200mAh のこのモバイルバッテリーは、26Wh ということがわかります。

したがって、スマホ用モバイルバッテリーであればおおよそ 20,000 mAh以下 のモバイルバッテリーであれば、問題なく機内持ち込みできます。
( 20,000mAh ÷ 1,000 × 5V = 100 Wh )

なお、モバイルバッテリーの種類によっては、V(電圧値)が5Vではなく3.7Vだったりします。
外装などに電圧値が記載されているので、確認してみてください。

要注意点

計算したWhと、実際のWhは異なることがほとんどです。

実際のWhの方が大きい場合も考えられるため、注意してください。

つまり…..

先の計算によってWhを求めましたが、たいていのモバイルバッテリーは 計算した値とは異なるWhである ことが多いです。

Ankerの Astro E1 の場合、計算では 26Wh でした。

しかし 実際の値は 19.24 Wh となっています。

DSC_0651 (1) ↑よく見ると「19.24Wh」の文字が…

「計算してみたら100Wh以下だったし、オッケー!」
と思っていると、実は100Wh以上だったなんて場合が考えられます。

しっかりと製品の仕様を確認してみてください。

Whの記載が無い場合は、余裕をもって 20,000 mAh 以下 のモバイルバッテリーを持っていくようにしましょう。

空港の保安検査場でモバイルバッテリーを捨ててしまうなんてことがあると最悪です。

まとめ

スマホ用モバイルバッテリーであれば、おおよそ20,000 mAh以下のモバイルバッテリーは問題なく飛行機の機内持ち込み可能です。

なお、モバイルバッテリーの預け入れはできません。

Whを求めるには、計算ではなく製品の仕様を確認するようにしましょう。

※Wh を求めるには、mAh を1,000で割って電圧値(V)をかけることで求められます。
( Wh = W*h = A * V * h = { mAh / 1000 } * V )

 - その他ガジェット, スマートフォン周辺機器