GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Windows 8のIEサポートが2016年1月で終了!早急に8.1へアップグレードを

      2016/01/18




現在Windows 8を使っている方は早急に8.1にアップデートを。

MicrosoftのOSである Windows 8 のサポート期間終了に伴い、Windows 8に搭載されている Internet Explorer 10 のサポートが終了しました。

その他、サポートポリシーの変更により古いInternet Explorerのサポートも終了しています。

詳細を見ていきましょう。

Internet-Explorer-logo

Microsoftから通知されている、Internet Explorerのサポートポリシー変更のお知らせはご存知でしょうか。
タイトルにもあるように、既に古いIEのサポートは終了 しています。

>> Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ – Microsoft

これはWindows 8だけにとどまらず、Windows 7やWindows Vista、Windows Server 2008などに搭載されている古いInternet Explorerのサポートも終了しています。

該当のOSを使っている場合、最新の更新プログラムをインストールすることで新しいIEに更新する必要があります。

そのため、Windows Vistaの場合はInternet Explorer 9、Windows 7の場合はInternet Explorer 11にアップデートしている必要があります。

使用しているOSで使える、最も新しいInternet Explorerであれば問題ありません。

以下の表を参考に、自分のInternet Explorerのバージョンが新しいものかどうかを確認してください。

OSのバージョン サポートが終了するIE サポートが継続されるIE
Windows XP (Internet Explorer 8) 無し
Windows Vista Internet Explorer 7 / 8 Internet Explorer 9
Windows 7 Internet Explorer 8 / 9 / 10 Internet Explorer 11
Windows 8 Internet Explorer 10 無し
Windows 8.1 無し Internet Explorer 11
Windows 10 無し Internet Explorer 11 / Edge



Windows 8.1 / 10 に搭載されるInternet Explorerは全てサポートが継続されます。

ここで気になるのはWindows 8について。
OSのサポート期間が2016年1月12日で終了している ため、搭載されるInternet Explorer 10のサポートも終了しています。

セキュリティパッチが今後一切提供されないため、否が応でもアップデートするしかないようです。
>> Windows ライフサイクルのファクトシート – Microsoft

現在使用しているInternet Explorerのバージョンを確認するには、オプションから確認するか、Microsoftの確認ページで見ることができます。



なお、Windows 8.1は2023年までサポートが継続されます。
できることならWindows 10へもアップデートしておきたいところ。

無料でWindows 10へアップデートできるのは、Windows 10のリリース日から1年間までに制限されているため注意が必要。

Windows 10のリリース日は2015年7月29日。
つまり、2016年7月29日までは無料アップデートできると予想されますので、可能であればそれまでにアップデートしておきましょう。

蛇足ですが、私は現在Windows 10を使用しています。
Windows 7 → 8 → 8.1 → 10 と渡り歩いてきましたが、Windows 7と比べてもなかなか使いやすいと感じています。

アップデートすると使いにくくなりそう・・・・・と考えている方も多いかと思いますが、私はそうは感じませんでした。

 - PC