GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Windows10へのアップデートが失敗したので、無理やりアップデート

      2015/11/07




Windows7からWindows10へアップデートする際、何をどう頑張ってもアップデートに失敗したため、その対策を忘備録として残しておきます。

環境

 ・Windows7 HomePremium 64bit (DSP版)
 ・Core i5 3570K
 ・P8Z77-V
 ・SSD2台 + HDD1台
 ・GeForce GTX770
 ・Blu-lay ドライブ

win10kabegami.jpg

そもそも私のWindows7ではSSD2台とHDD1台を使用していましたが、HDD(Seagate製)が壊れてしまい、不具合のオンパレードとなってしまったのがアップデートしようと思ったきっかけです。

具体的に発生した不具合は、

 ・HDDデータ破壊

 ・既存のSSDに書き込みが出来なくなる

 ・Windowsアップデートで必ずエラー(8024201c)が発生し、完了できない

 ・起動時にエラーポップアップが出まくる

など。

これらを改善しようとすべく、Windows10へアップデートを決意。

しかしながら、いざアップデートを試みると全然うまくいかない。

エラーコード発生やプロダクトキー認証不可など、多くの弊害が発生しました。

このエラーや認証などの問題を、どのように対処してアップデートしたのかを順を追って書き綴っていきます。

以下、すべて私が試したことです。


 Windows7上で”Windows10を入手する”から アップデート

まず初めに試したのは、おそらく最もポピュラーな方法。

Windows7やWindows8.1では右下に Windows10を入手する といった通知があります。

これでアップデートする方法です。

全然簡単じゃなかった。 DSC_0333.jpg

続行をクリックすると勝手にダウンロードとインストールが始まります。

普通ならそれでアップデート終了なんですけどね。

そううまくはいきませんでした。 DSC_0332.jpg

このとき発生したエラーは 8024201c

ほとんど情報がないエラーですので、解決はできませんでした。

解決できない以上、ほかの方法でアップデートするしかありません。

 Windows10のインストールディスクを作成し、 アップデート

早くも強硬手段ですね。

MicrosoftのページからWindows10のインストールディスクを作成できます。
つまりISOです。

ソフトは32bit/64bitのどちらをダウンロードしても、32bit/64bit両バージョンのISOを作成できます。
ダウンロード環境にあったものを選んで大丈夫です。 スクリーンショットwin10x
[Windows10|Microsoft,http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10]

これをダウンロードしてインストールディスクを作成しました。

なお、Win7HomeからはWin10Homeへしか無料でアップデートできません。
ISO作成の際に間違えないよう注意する必要があります。

64bitのISOを選択した場合、DVD1枚に全て入ります。 DSC_0331.jpg

BIOSにて、OSの起動順序をDVDドライブ優先に変更。

作成したインストールディスクをBIOSから起動します。

DSC_0342.jpg

この画面が出たので一安心。

・・・するのは早かった。

Windows7で使用していたプロダクトキーを入力しても認証されませんでした。 DSC_0343.jpg


[10/14 追記]
10月中旬以降、上記の方法で認証されるよう改善されました。
Windows7・Windows8.1のプロダクトキーがあれば、無条件でWindows10へ適用できるようです。


この画面をスキップして、Windows10にしてからプロダクトキーを認証すれば通るかもしれませんが、確証がなかったので中止することに。

BIOSから起動して上記の失敗をしたため、今度はWindows7上でインストールディスクを起動。

DSC_0345 (1)

BIOSからのアップデートに失敗しているため、この時既に疑心暗鬼。

更新プログラムはどちらを選んでも、最終的にはインストールすることになります。
お好きな方をどうぞ。 DSC_0348.jpg

続いてプロダクトキーの認証です。

またも認証に失敗しました。
DSP版のOSはWindows10へアップデートできない可能性があるのかも・・・と思えてきました。 DSC_0349.jpg

インストールディスクを使っても失敗するため、このPC自体に問題があることを疑いはじめました。

 Windowsをクリーンインストール、初期状態へ

いったんWindows7をクリーンインストールすることに。
データの引継ぎは諦めます。

3年前に購入した、DSP版のWindows7インストールディスク。
これを使ってWindows7をクリーンインストールします。 DSC_0390x.jpg

ディスクが無くても自分のPCのプロダクトキーがわかれば、Microsoft公式サイトからWindows7のISOファイルをダウンロードできます。
そのISOをDVDに焼けばわざわざインストールディスクを用意しなくとも大丈夫です。

>> Microsoft – Windows ISO

BIOSから直接インストールディスクを起動。
パーティション設定。 DSC_0350.jpg

さらば愛しのデータ。

画像ではフォーマットを選択していますが、実際には全て削除をクリックします。

適当なユーザー名とPC名を名付けます。
まもなく終了。 DSC_0351.jpg

無事にクリーンインストールできました。
Windows7は、ですが。

DSC_0364.jpg

このときWindows7のプロダクトキーは既に認証済みです。

 再びインストールディスクでアップデート

もう一度インストールディスクでアップデートを試みます。

DSC_0331.jpg

Windows7上でディスクを起動(2回目)。
画像は使いまわしです。 DSC_0345 (1)

今度はプロダクトキーの認証に成功しました。

DSC_0353.jpg

Windows10へのアップデートで問題が発生する場合、いったん元のOSのクリーンインストールを行うと解決するようです。
データは全て消えちゃいますけどね。

その後は粛々と進み・・・

DSC_0355.jpg

準備が完了。

DSC_0358.jpg

インストールが始まります。
ここまでくると、終わりはすぐそこです。 DSC_0361.jpg

100%に達すると画面が切り替わります。
まだあるんすか。

DSC_0365.jpg

ここからは比較的はやく終わります。

DSC_0368_20151009092643b5e.jpg

終了しました。
いつもの恒例の初期設定が始まります。

一昔前とは大違いの、きれいな初期設定画面です。
既にGTX770のグラフィックドライバーが適用されているのか、解像度がしっかりとしています。

DSC_0369.jpg

次へを押すと、簡単設定とやらが出現。

ここはあえて設定のカスタマイズへ進みます。 DSC_0371.jpg

設定のカスタマイズが出現。

連絡先データやカレンダー、入力データなどの送信設定や、位置情報の設定ですね。 DSC_0372.jpg

ブラウザ保護と閲覧データの送信設定。
そしてエラーの送信設定。

ここまで送信設定が多いと不安になります。 DSC_0374.jpg

Microsoftアカウントの設定。

ここは素直に設定します。
PCへのログイン設定は、後から設定するのが面倒なので。
DSC_0376.jpg

PINの設定へ。
自宅PCで他に誰も使わないのでスキップしました。

DSC_0377.jpg

OneDriveの設定。
PCがオンラインだと、設定の可否を自動でやってくれるみたいです。

これはかなり便利。

DSC_0378.jpg

これで設定は終わりです。
少し待ちます。

DSC_0379.jpg

DSC_0384.jpg

Windows7からWindows10へアップデートできました。

win10ds.png

インストールディスクを使っても、プロダクトキーはしっかりと認証される ようですね。

ただ私の場合、エラーが発生したためクリーンインストールをする必要がありましたが。

アップデートでエラーが発生する方は、クリーンインストールで解決するかもしれませんね。

desk2.png

今のところ快適です。

ここまで見てくださった方、ご覧いただきありがとうございました。

何かの参考になれば幸いです。

 - PC