GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Microsoftが新たなPC「Surface Book」発表。13.5インチで$1,499

      2015/11/07




Microsoftが新たなSurfaceシリーズPCである Surface Book を発表しました。

従来通りタブレットとノートPCの両スタイルで使用可能です。

それでは詳しく見てみましょう。

ソースはMicrosoft公式より
>> Surface Book – Microsoft

sb1.jpg [出典:Microsoft,http://www.microsoft.com]

・目次

 >> 価格
 >> ディスプレイ
 >> OS
 >> ストレージ
 >> CPU
 >> GPU
 >> 外部端子
 >> 重量
 >> 稼働時間
 >> 発売日
 >> その他



まずは価格、スペックから。

 価格

$1,499

ですので 最低15万円 とみていいですね。

ちなみに最高モデルは38万円~

 ディスプレイ

解像度 3000 x 2000 (267 ppi)

13.5インチ

面白い解像度となっています。

 OS

Windows10

まあ当たり前ですよね。

 ストレージ

128GB

最安の場合です。
約2万5000円で256GBに増やせます。

 CPU

Intel Skylake Core i5

これも最安の場合です。
$2,100 (約25万円) モデルではCore i7に強化されます。

 GPU

Intel HD graphics

GPU、無し。

まあ高価格帯モデルでは付きます。

 外部端子

USB3.0 x 2
SD Card Slot
Surface Connect ポート
ヘッドセットジャック
Mini DisplayPort

USB端子が2つのみ、そしてUSB-TypeCが無いのが気になります。

 重さ

728 g (タブレット使用時)
1516 g (キーボード装着時)

一般的ですね。
一応、タブレットの重量はi7搭載機としては最軽量らしいです。

 稼働時間

最大12時間

これだけ動けば問題ないですね。

 発売日

米国:10月26日
日本:2016年初頭

日本ではかなり遅れて発売されます。

 その他

特徴として、ヒンジの部分がかなり特殊になっています。

こちらの写真がヒンジ部。

sb2.jpg

ぐねってます。

折りたたむと、キーボードとディスプレイの間に隙間ができるそうです。

キーボードや画面への配慮、その他いろいろ考えられますが、なかなか面白そうです。

なお、Surface Penが付属するそうです。

またMicrosoftは「ラップトップに最高のキータッチを」と掲げており、キーボードのキー押下距離を1.6mmとし、キーボードにはかなりこだわったとしています。

これは良さそうです。

また、公式で「Mac Bookの2倍速い」と公言しています。
煽るなあ・・・。

なお、最上位モデルはCPU、メモリ、ストレージ、GPUが強化され、以下のようなスペックになっています。

・CPU
Intel Core i7

・メモリ
16GB

・ストレージ
1TB

・GPU
dGPU (NVidia GeForce)

・価格
$3,199 (39万4000円 – 11/7現在でのレート)

以上、Surface Bookについてでした。

下の画像は外観です。
sb3.jpg

 - PC