GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Xperiaの歴史 – 2010年

2010年

さて、いよいよ2010年です。

この年のXperiaから日本国内での販売が開始されました。
ついにOSもAndroidへと突入し、Xperiaがどんどん進化していきます。

ちなみに2010年というと、iPhoneのRetinaディスプレイやNVIDIAのグラフィックボードであるGTX480が登場した年。
昨今の画面の高精細化や、それに伴うグラフィックボードの進化は著しいものです。

それではより高性能なXperiaを見ていきましょう。

Xperia (Xperia X10)

so-01b

OS Android 1.6
SoC (CPU) Qualcomm Snapdragon S1 1.0GHz (QSD8250)
メモリ 384 MB
ディスプレイ 4.0 インチ 480 x 854 ピクセル
ストレージ 1 GB
サイズ 119 × 63 × 13.1 mm
重量 139 g

日本で初めて発売されたXperiaです。
2010年4月にドコモから「Xperia」という名前で、SO-01Bとして発売されました。
>> SO-01B – ソニーモバイルコミュニケーションズ

海外では Xperia X10 という名前で、2010年3月に発売されました。

気になるスペックですが、CPUにQualcomm Snapdragon S1 1.0GHz (QSD8250)を採用しています。
いよいよSnapdragon第1世代の登場ですね。

Snapdragon Sシリーズの登場と聞くと、少しだけ親近感がわいてきます。

メモリは384MB、ストレージは1GB、そして4インチ480×854ピクセルのディスプレイ搭載と、Xperia X2から大きく進化しています。

しかしなによりの進化(?)点は、OSがAndroidになったこと。
Android 1.6を搭載しています。

この機種からAndroid搭載のXperiaが始まっていくわけですね。

ちなみに、Antutuベンチマークのスコアは2,300~2,500程度(Android 2.3の公式ROMの場合)。
最近の機種はスコアが60,000を超えますから、実に20倍以上の差があるようです。

>> SO-01B – Wikipedia

Xperia X10 mini

xperiax10mini3

2010年5月にXperia X10のコンパクトモデル、Xperia X10 mini が発売されました。海外でのみ販売。
画面サイズがなんと2.55インチ、そして重量が88グラムしかありません(そしてストレージも128MBしかありません)。

現在の小型スマートフォンといえばXperia Z5 compactなどが挙げられますが、Z5 compactは画面サイズが4.6インチ、重量が138グラムあります。
同じ小型モデルでも画面サイズや重さが全然違いますね。

大きさも、X10 miniが83x50x16ミリ、Z5 compactが127x65x8.9ミリですから、Z5 compactと比べて2/3くらいの大きさしかありません。

時代とともに小型モデルの定義が大きく変わっていることがよくわかりますね。

>> Xperia X10 mini – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia X10 mini pro

xperiax10minipro

2010年6月に登場。
Xperia X10 mini pro はXperia X10 miniにキーボードを搭載したモデルです。

スペックはXperia X10 miniからほとんど変わらず、違いはバッテリー容量が若干減少した程度です。

そして相変わらずストレージが128MBしかありません。
proとかいいつつXperia X10から大きく退化していると感じるのは私の気のせいなのでしょうか・・・・・?

・・・・・と思いましたが、AntutuベンチのスコアはXperia X10から上昇しているようです。退化してなかった。

情報が少ないため正確な値はわかりませんが、3,000程度のスコアはあるようです。

>> Xperia X10 mini pro – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia X8

xperiax82

2010年9月に登場した Xperia X8 は、Xperia Xシリーズの廉価版モデルです。

写真だととんでもなく分厚く見えますが、目の錯覚ではありません。
ホントに分厚いです。

Xperia X8の厚さは15mmもあります。
Xperia Z5の2枚分よりも分厚いです。

それでいてバッテリー容量はたったの1,200mAhですから、近年のスマホは技術の進歩を感じます。

気になるスペックですが、廉価版らしく控えめのスペックです。
CPUはSnapdragon S1 0.6GHz、3インチ320×480ピクセルのディスプレイ、メモリが168MB、ストレージが128MBです。

>> Xperia X8 – Full phone specificasions | GSMARENA

公開日: