GADGET Initiative PC・スマートフォン・デジタルのリアルな情報をあなたに。IT・WEB系の情報も。



Xperiaの歴史 – 2009年

2009年

2008年に販売されたXperiaはX1のみ。2009年もXperiaの販売は少なく、本格的にXperiaが販売されるのはもっと後になります。

また、2009年は2008年と同様、日本で販売されたモデルがありません。
種類が少なく、尖った機能の多い当時のXperia。あなたは知っていますか?

Xperia X2

xperiax2

OS Windows Mobile 6.5 Professional
SoC (CPU) Qualcomm MSM7200A 0.5GHz
メモリ 256 MB
ディスプレイ 3.2 インチ 800 x 480 ピクセル
ストレージ 512 MB
サイズ 110 x 54 x 16 mm
重量 155 g

史上2番目のXperiaは、またしてもWindows Mobile。

2009年にSONYの新しいスマートフォン、Xperia X2 が発売されました。
(海外サイトでは2010年発売とのこと。)

Androidが搭載されるのはもう少し後で、Windows MobileがまだOSに使用されています。
CPUもXperia X1と同様のMSM7200A 0.5GHz、メモリとストレージも変わりありません。

ただし、カメラが3MPから8MPに進化し、ディスプレイサイズが3.2インチになりました。

>> Xperia X2 – Full phone specificasions | GSMARENA

Xperia pureness

3番目のXperiaは、まさかのガラケー。

xperiapureness

OS A200 Platform
SoC (CPU) Single-Core
ディスプレイ 1.8 インチ 240 x 320 ピクセル
ストレージ 2 GB
サイズ 102 x 43 x 13 mm
重量 70 g

Xperia pureness は2009年11月に発売された、Xperiaのガラケーです。
カメラなし、SDカードスロットなし、画面サイズ1.8インチと、なかなかのキワモノです。

当時の日本のガラケーはカメラ付が当然、DXアプリやフルブラウザができて、防水・おサイフケータイ・赤外線も当たり前でしたので、日本のガラケー市場はかなり先進的だったことがわかります。

SONY公式サイトでwhitepaperが見れますので、気になる方はぜひどうぞ。
>> Xperia pureness – White paper | Sony Ericsson

公開日:
最終更新日:2017/11/11